ANA VISA ワイドゴールドカードの年会費を安くする裏技を公開!

ANA VISAワイドゴールドカードは、ANAカードでゴールドカードステイタスを持ったカードです。

ANA VISAワイドゴールドカードは陸マイラーを目指す人は必携で、マイル付与率が1.4%以上になるので、日常生活で利用するとかなりマイルを貯めることができます。

 

しかし、ネックなのは年会費です。

ゴールドカードなのでそれなりの金額がかかるので、なんとか安く利用したいものです。

 

ここでは、ANA VISAワイドゴールドカードの年会費を安くする方法を紹介したいと思います!

 

 

 

ANA VISAワイドゴールドカードが陸マイラー必携のカードの理由とは?

私はANA VISAワイドゴールドカードを所有していますが、その理由はうまく利用すればマイル付与率が群を抜いて高いからです。

私がこのカードを所有してから、マイルを貯めるスピードが2倍くらいになりました。

 

それだけこのカードには爆発力があるのです。

 

 

 

ANA VISAワイドゴールドカードの基本情報をおさらい

年会費

14,000円(税別)

年会費はゴールドカードだけあって、一般カードより高くなっています。

私も最初「高いな~」と思いましたが、マイルを貯めることができている今だとこの年会費も気になりません。

 

家族カード

年会費4,000円(税別)

家族で同じクレジットカードを使っていると、それだけマイルもポイントも貯まりやすくなりますよね。

特に、ANAマイルは「家族旅行に使う」という使い方もできるので、一緒に貯めていくと使いやすいと思います。

 

ETCカード

初年度無料 翌年以降500円(税別)

前年度に1回以上ETCの利用があれば翌年は無料

 

 

ANA VISAワイドゴールドカードでマイル付与率を1.4%以上とする方法は以下の記事に書いています。

ぜひご覧ください!

ANA VISA ワイドゴールドカードでマイル付与率1.4%以上!陸マイラーは必携です
ANAを利用する人、ANAマイルを貯める人はANAカードは絶対持つべきクレジットカードです。 しかしANAカードは種類が多すぎて、あなたはどのカードを持てば良いか悩んでいませんか
2018-03-27 01:38

 

 

ANA VISAワイドゴールドカードの年会費を安くする2つの方法

一見高い年会費に見えるANA VISAワイドゴールドカードですが、年会費を安くする方法が存在します。

これを利用すると、なんと年会費が10,000円以下になるのです!

 

その方法は2つあります。

 

  • カードご利用代金WEB明細書サービスの利用:1,000円割引
  • マイ・ペイすリボに登録し年1回以上利用する:4,500円割引

 

この2つの割引サービスは併用することができるため、年間14,000円のANA VISA ワイドゴールドカードを年間9,500で利用することができます。

 

請求書をWEB明細書にして1,000円割引

請求書を紙ではなくWEB明細書にするだけで、1,000円の割引を受けることができます。

WEB明細書は、パソコンだけじゃなく、携帯アプリからも確認することができるのでとても便利です。

 

やり方は簡単です。

 

https://www.smbc-card.com/mem/oshiharai/wm_mail_top.jsp

にアクセスして、そのまま進んでいくだけです。

 

マイ・ペイすリボの登録と利用で45,00円割引

マイ・ペイすリボとは、支払者自身が毎月の支払金額を決めることができるリボ払い方式です。

 

 

「マイ・ペイすリボ」設定金額は、最低お支払い金額の5,000円から(三井住友プラチナカード・ゴールドカード・プライムゴールドカードは1万円から)ご設定いただけます。

毎月のお支払い金額は、最低お支払い金額以上であれば、インターネット・お電話で簡単に増やしたり減らしたり、ご都合に合わせて変更できます。

変更のご希望がない場合は、「マイ・ペイすリボ」設定金額でのお支払いとなります。

 

リボ払いは金利手数料が心配という人がほとんどだと思います。

実際、リボ払いにしたときの金利手数料は年率15%なので、何も考えずに利用してしまうと金利手数料が膨れ上がり大損してしまうことになります。

 

これだけ考えると恐ろしくて、

 

「リボ払いなんて絶対ムリ!!」

 

なんて声が聞こえてきそうです・・・

 

でも考えてみてください。

リボ払いの手数料を限りなく少なくできる方法があるとしたら、年会費が4,500円も安くなるので利用してみようとは思いませんか?

 

 

 

 

 

マイ・ペイすリボの手数料を限りなく0に近づける方法を解説します!

マイルの還元率を上げるためには、マイ・ペイすリボの利用が必須ですが、年率15%の金利手数料はが大きな壁になります。

せっかく年会費が4,500円割引になっても、手数料で多くとられてしまったら元も子もありません。

 

実はマイ・ペイすリボの手数料はある操作をすることによって数円から数十円にすることができるのです!

 

 

 

マイ・ペイすリボの利用でポイントが2倍になる

手数料を安くできる方法を解説する前に、マイ・ペイすリボを利用することでもう一つ受けることができる恩恵を紹介します。

それは、クレジットポイントが2倍になるということです。

 

このポイントはボーナスポイントという形で獲得でき、最終的にANAマイルに交換することができます。

このことからも、マイ・ペイすリボを利用する価値は大いにあるということがわかります。

 

 

 

手数料を限りなく0円にする方法

リボ払いの年率は15%なので、普通に決済金額全てをマイ・ペイすリボの支払いとすると、かなりの手数料となります。

ですので、支払額を当月支払額より少しだけ多くなるように設定してください。

 

マイ・ペイすリボのお支払いコース変更で、毎月の支払い金額(元金定額コースの金額)を低めに設定する。

請求金額が確定したら、マイ・ペイすリボの支払い金額変更から臨時増額をする。

万が一請求金額がリボの設定(元金定額コースの金額)を下回ってしまった場合、金利を発生させるために支払いを減額する。

 

例えば毎月のカード決済額が平均して10万円だとします。

この場合、リボ払いの設定(元金定額コースの金額)は5万円くらいにしておきます。

 

毎月の請求金額が確定すると三井住友からメールが送られてくるので、すぐに臨時増額を申請します。

これは毎月必ずやらなくてはいけない作業となります。

 

臨時増額の際、残金を500円くらいになるように設定します。

厳密に500円でなくても構いません。

200円以上1,000円以内くらいで考えてください。

こうすれば手数料が数10円くらいで済みます。(残金1,000円の場合、手数料は10円くらいです。)

 

ちょっと難しいかもしれませんが、これをすることによって年会費も安くなる、ボーナスポイントがもらえる、という嬉しい特典があるのでほとんどの人が利用しています。

 

 

 

 

 

まとめ

ANA VISAワイドゴールドカードはマイル付与率1.4%以上と利用すればするほどANAマイルを貯めることができるお得なカードです。

しかし年会費は14,000円と高額になっています。

 

年会費を安くする方法は、

 

  • WEB明細書を申し込む
  • マイ・ペイすリボに登録、利用する

 

です。

 

これで年会費は10,000円以下になる上に、ボーナスポイントも獲得できます!!

これだけの高サービス、利用しない手はありません。

 

すぐに下記より申し込んでみてください!

 

 

マイ友プログラムに登録

 

申し込みの際には、

紹介者性:アメミヤ

紹介者名:サトシ

紹介者番号:00061429

を該当箇所に記入してください。

 

 

コメントを残す