W杯が終了!優勝した国は?MVPは誰?速報をお伝えします!

 

32チームが参加したワールドカップ2018ロシアの決勝戦になりました。

日本時間では夜の12時からでしたが、次の日が祝日で休みなこともあり日本では見る人が多いのではないでしょうか?

 

私ももちろんテレビの前に座って、その時を待っていました!

 

 

 

FIFAワールドカップ2018の全日程が終了!優勝チームはあの強豪国!?

FIFAワールドカップ2018の全日程が終了しました。

日本がベスト16まで進んだり、前回優勝国のドイツがグループリーグで敗退したりと予想を覆すような出来事がたくさんあった大会でしたが、最終的にベスト4まで残ったのは全てヨーロッパ勢でした。

 

若手が躍進した大会になりましたが、いよいよ優勝を決める最終日となりました。

 

 

W杯決勝はフランスVSクロアチア!結果は!?MVPは誰に!?

2018年の決勝はフランスとクロアチアになりました。

過去3大会は延長戦までもつれ込んだ決勝戦なので、今大会もお互い様子を伺って1点勝負になると思っていました。

しかし予想が外れました。

 

前半はフランスがラッキーな形で勝ち越し

前半18分にグリーズマンがファウルで得たフリーキックからなんとマンジュキッチのオウンゴールでフランスが先制!

実はワールドカップ決勝でオウンゴールをしたのは今大会が初とのことです。

 

いきなり試合が動きますが、今度はクロアチアがコーナーキックからのボールでペリシッチの技ありのゴール!

クロアチアが同点に戻します。

しかし再度フランスがペナルティエリア内でハンドを獲得し、グリーズマンがPKをきっちり決めて2-1と再び勝ち越しました!

 

ここで前半終了。

 

後半はクロアチアが猛攻に出るも・・・

後半は攻めに出たいクロアチアが猛攻を仕掛けますが、それを凌ぎ切ったフランスはカウンターでボグバがミドルを叩き込み3-1

さらにエースのエムバペがこちらもミドルで4-1というとんでもないことになってしまいました。

なんとかしたいクロアチアは、相手GKのロリスのあり得ないドリブルの切り返しをマンジュキッチが奪ってゴールし4-2としますが、ここで試合終了。

 

フランスが1998年自国開催以来の2度目の優勝を手にしました!

 

90分の試合を総括すると・・・

決勝は若い世代が躍動したフランスと、32歳のモドリッチが引っ張るクロアチアという今までにない新しい形の試合を見ることができました。

この試合はいくつかのポイントがありました。

 

まず前半戦。

前半18分にフランスが先制点を挙げましたが、この時に得たファウルはグリーズマンのシミュレーションではないかと言われています。

この先制点でフランスは流れに乗ったことは間違いないので、ツイッターではグリーズマンを非難するツイートもありますね。

 

 

しかしここで誤算だったのは、守備の要カンテの不調。

前半でイエローをもらってしまい、今までのカンテの活躍が嘘のように影を潜めていました。

後半に入ると、デシャン監督はそのカンテをあっさり諦めます。

1枚目の交代カードをカンテにしたのです。

これはW杯決勝でなかなかできることではありませんね!

 

さらに後半にとんでもないことが起こります。

クロアチアが猛攻を仕掛けていた時に、ピッチ上に乱入者が現れたのです。

これでクロアチアが集中を切らしてしまったことでしょう。

非常に残念なことでした。

 

ロリスのあり得ないミスがあったりと後半は決勝戦にふさわしくないことが起きてしまいましたが、総括するとフランスは強かった・・・

攻守ともにバランスが取れていて、若手主体ながらまるでベテランがプレーしているような感じでしたね。

 

MVPは全試合で強烈な活躍をしたクロアチア代表のモドリッチ。

2大会連続で準優勝チームから選出されました。

最優秀若手選手はフランス代表のエムパベ。

得点王はイングランド代表のハリー・ケインでした。

 

 

 

 

W杯優勝したフランスってANAで行ける?具体的な経路は?

優勝したフランスの首都・パリでは大いに盛り上がっていることでしょう。

そんなパリは世界でも有数の観光都市なので、飛行機の便はかなり良いです。

 

 

日本〜パリまでのルートは?

ANA便で行くとなれば、フランクフルトまでは直行便が飛んでいるので、まずはフランクフルトまで行きます。

そしてフランクフルトからはルフトハンザ航空でパリまで行くルートがオススメです。

所要時間としては、14時間程度かかります。

 

 

 

ANAマイルを利用してパリまで行くことは可能か?

さて、ANAマイルを利用し国際線の特典航空券を使ってパリまで行くことはもちろん可能です。

具体的なマイル数ですが、パリはZone7というエリアに分類されるので、以下のマイル数が必要になります。

 

<エコノミークラス>

ローシーズン45,000

レギュラーシーズン55,000

ハイシーズン 60,000

 

<ビジネスクラス>

ローシーズン80,000

レギュラーシーズン90,000

ハイシーズン 95,000

 

<ファーストクラス>

ローシーズン165,000

レギュラーシーズン165,000

ハイシーズン 180,000

 

45,000マイルから利用可能ですが、14時間近く乗ることを考えたらビジネスクラスで行きたいところです。

 

「でもビジネスクラスなんて、夢のまた夢だよ・・・」

 

そう思った方、ある方法を使えば10万マイル以上貯めることができるのです!

 

 

 

ポイントサイトを利用して10万ANAマイルを獲得!

ポイントサイトを経由して商品やサービスを購入すると、ポイントサイトのポイントが手に入り、そのポイントをANAマイルに交換することができるのです。

購入するものによっては、一つの案件で数千〜数万マイル貯まるものもあり、1回でかなり大きなマイル数になります。

 

私はこれで3ヶ月で10万マイル貯めました。

 

10万マイル貯めると、日本からパリまで無料でビジネスクラスに乗ることができるようになります。

これってすごいことだと思いませんか!?

 

ポイントサイトの具体的な利用方法は以下の記事に載っていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

ポイントサイトでより多くのマイルを手に入れる方法とは?厳選サイトを紹介します。
ポイントサイトに登録するにあたり、どのポイントサイトに登録すればよいか迷うかもしれません。 なぜなら、ポイントサイトといってもかなりの数があるからです。 どのポ
2018-04-18 01:54

 

また、無料のメルマガではポイントサイトを利用してANAマイルを貯めるコツや、裏ワザをお伝えしています。

短期間で読めるようになっていますので、ぜひ登録してみてください!

 

>>一級建築士マイラーの無料メルマガ登録はこちら<<

コメントを残す