北海道忠類村は家族で旅行するのにオススメ!ナウマン象推しのまちで子供と一緒に過ごす方法

夏の北海道は気温も涼しく、湿度も高くないのでカラッとしていて過ごしやすいです。

特に東京に住んでいる方であれば、その違いに衝撃を受けるでしょう。

私も妻も北海道出身で、お盆の時期は必ず北海道に帰省していますが、ただ帰省するのもつまらないので北海道内でドライブしながら旅行も楽しんでいます。

 

北海道には魅力的な観光スポットや食べ物などたくさんありますが、まだまだ知られていないものがいっぱいあります。

ぜひ北海道に行った際には、この記事を参考にして楽しみを広げてください。

 

 

 

ナウマン象のまち北海道幕別町忠類の楽しみ方!大人も子供も楽しめる施設がたくさん!

お盆休みを利用して、北海道へ帰省してきました。

北海道は今まで様々な地域へ行きましたが、今回初めて行った場所を紹介したいと思います。

場所は北海道幕別町忠類。

ここは1969年にナウマン象の化石が発掘され、日本で初めて全身骨格の復元に成功したことから、ナウマン象のまちとして知られています。

昔は忠類村でしたが、現在は幕別町と合併されています。

 

忠類の何がすごいかというと、村の中心に子供が遊べるスポットや、温泉あり、ホテルあり、キャンプ場ありと一日いても飽きない施設がたくさんあるということです。

特に子連れの親子にとっては、子供と一緒に自然の中で遊べるので超オススメでした!

 

 

 

子供と遊ぶならナウマン公園がオススメ!

まず忠類についてびっくりするのが、広大な敷地の中に巨大な遊具がたくさんあるナウマン公園です。

さすが北海道というほど広い・・・広すぎます。

公園の中には超長い滑り台や、ぴょんぴょん跳ね飛べる巨大なトランポリン、そしてターザンのようにぶら下がって高速で駆け抜けるスカイロープなど子供がめちゃくちゃ喜びそうな遊具がたくさん!

 

 

 

また、公園の中には浅い川が流れており、小さな子供はそこで水遊びもできます。

私は2歳の娘がいますが、楽しそうに水の中で遊んでました。

 

 

 

 

川の先には滑り台があり、直接水の中に飛び込むような感じになっています。

これは幼稚園〜小学生低学年の子供は喜びそうですね!

 

 

 

 

公園内には村の象徴ナウマン象の象もあり、記念撮影も楽しめます。

周辺には道の駅があったり、レストランもあるのでお腹が空いた時には食べるところに困らないのもグッドポイントですね。

 

 

 

 

 

遊んだ後にはナウマン温泉で心も体もリフレッシュ

公園で遊びまくった後は、大人も子供もクタクタです・・・

そんな時は隣にナウマン温泉があります。

ホテルに併設された温泉で、日帰り入浴もOKです。

日帰りの方の営業時間は11:00〜23:00で、十分くつろげる時間ですね。

また料金も大人500円、子供250円と破格の安さです!

温泉もアルカリ性単純泉で、肌がツルッツルになる美肌の湯で、女性には嬉しい泉質です。

 

 

 

 

私ももちろん温泉に入りましたが、ちょうど遊び終わって温泉に入る時間帯だったせいか、結構混んでいてゆっくりくつろぐことはできませんでした。

また脱衣所が狭く、隣のお客さんと距離が近かったのもちょっと気になりました。

ただ評判通り肌がツルッツルになるくらいしっとりとした泉質で、遊び疲れた体には気持ちの良い温泉でした。

 

 

 

このままここにいたい!!そういう方にはナウマン温泉ホテルアルコ!

私は今回妻と子供、そして両親とここへ泊まりに来ました。

「アルコ」というホテルの名前で、コンクリート打ちっ放しの外観が印象的なホテルです。

 

 

 

 

客室は洋室で、ツインベッドルームに泊まりました。

部屋はとっても綺麗で、おそらくリニューアルしたのだと思います。

気になったのは部屋にブランドのシャンプーとリンス、ボディーソープが置いてあったのですが、部屋にはお風呂がありません。

 

「温泉にも同じものがあるだろう」

 

と思っていましたが、残念ながら浴場には業務用のリンスインシャンプーとボディーソープしかなく、持っていけばよかったと後悔しました。

 

夕食はレストランでのコースでしたが、忠類の名産であるゆり根を使ったグラタンや、十勝牛のサーロインステーキ、北海道の魚介の刺身など地元の食材をふんだんに使った料理が目白押しで、食べきれないくらいの量で大満足でした!

子供に用意されたお子様メニューも美味しかったようで、娘も満足そうでした。

 

 

 

家族でキャンプもあり!!ナウマン公園キャンプ場

今回は私たちは行ってませんが、公園にはキャンプ場もあります。

この日はお盆休みもあってか、キャンプ場は超満員!!

ギュウギュウの状態で皆テントを張っていました。

確かに巨大な遊び場があり、温泉があり、レストランありであればキャンプしても不便ではないので、テント張るには都合のいい場所なのかもしれませんね。

 

 

ナウマンのまちのオススメお土産は「ナウマン饅頭」!?

忠類のお土産というのはそんなにありませんが、ナウマン饅頭はオススメです。

島菓子穂(しまかしほ)というお店に売っていますが、ナウマン公園から車ですぐのところにあります。

写真がナウマン饅頭です。

 

 

 

ナウマン象(?)のような形をした饅頭です。

おそらくナウマン象なのでしょう。

2個1組で240円です。

肝心の味はというと・・・

皮はもちもちしていて良い食感を出しています。

中はあんこがこれでもかというくらいぎっしり詰まっていて、といってもあん自体はそんなに甘すぎず皮とあんのバランスが絶妙で美味しかったです。(あんこはもちろん十勝のあずき!)

実はこれ・・・十勝では知らない人はいないというくらい有名で、観光シーズンには行列ができるほどの人気だとか!

確かに忠類に来た際のお土産としては値段と味はちょうど良いと思いますね。

 

 

 

 

 

幕別町への行き方は?北海道へ無料で行く方法も紹介!!

東京から北海道幕別町へ行くにはどうやっていけばいいのでしょうか!?

 

「北海道の地方って行くのに時間かかるんでしょう??」

 

確かに幕別町へ行くには時間がかかりますが、せっかくの旅なので十勝の雄大な景色を見ながらドライブするのもいいのではないでしょうか!?

 

 

幕別町へはとかち帯広空港を利用

東京から幕別町へ行くためには、まず飛行機を利用します。

最寄りの空港は十勝の人たちの空の玄関口「とかち帯広空港」です。

羽田空港からとかち帯広空港へは、ANAだと1日に3便運航しています。

 

オススメの出発時間は12時台の便で、2時前には到着するのでそのあとも比較的移動しやすいと思います。

 

 

移動は飛行機+レンタカーは必須!

とかち帯広空港へ到着したら、空港でレンタカーを借ります。

旅行を計画した際にあらかじめレンタカーを予約しておくといいでしょう。

オススメのレンタカーは「スカイチケットレンタカー」です。

 

ここだと今ならポイントタウン経由で3%のポイント還元がつきますので、例えば2万円のレンタカー代だと600円分のポイントがつきます。

これもANAマイルに変えることができるので約500マイルになります。

こうやって色々な買い物の際にポイントを貯める習慣がつくと、どんどんポイントが貯まっていきマイルに交換することができます。

なので積極的にポイントサイトを利用しましょう。

 

ポイントタウンに登録してスカイチケットで予約する

https://mairutameru.com/pointtown

 

 

とかち帯広空港から幕別町までは約50kmです。

車で1時間といったところでしょうか。

その際は十勝の雄大な景色を見ながらドライブすると、とっても気持ちいいですよ!!

 

 

 

北海道へタダで飛行機に乗る方法

北海道の魅力を紹介していきましたが、やっぱり気になるのが旅の費用ですよね!?

特にお盆時期の飛行機代は高額になります。

片道でも4万円とかしますので、家族で行くと10万以上・・・

これにホテル代やレンタカー代も考えると平気で20万、30万となってしまいます。

 

「なんとかして旅の出費を抑えたい・・・」

 

そう考える方に一番オススメできるのが、マイルを利用して飛行機代をタダにすることです。

 

「マイルを無料航空券に交換できるのは知っているけど、そんなにマイルって貯まらないじゃん!」

 

そんなことありません。ある方法を使えばマイルは短期間で一気に貯めることができます。

その方法はこちらの記事に詳しく書かれているので、参照してください!!

北海道旅行に無料で行く方法を紹介!オススメのお土産は?気になるお盆の天気は?
8月に入り長期連休が近づいて来ました。 私は今年のお盆は妻の実家がある帯広に帰省しようと思います。 やっぱり両親としては、孫の顔をみたいですよね!? お盆の北海道
2018-08-06 02:32

 

 

コメントを残す