ANA SUPER VALUE EARLYが発売!気になる評判は!?

ANAは9月3日に、国内線の新しい航空運賃である「ANA SUPER VALUE EARLY」の発売を開始しました。

このANA SUPER VALUE EARLYの大きな特徴は、今までANAの国内線割引運賃は半期ごとに発売していましたが、今回から搭乗日の約1年前(355日前)からに変更になったことです!

今回はANA SUPER VALUE EARLYの他に、新しく変わったANAの新運賃体系を解説したいと思います。

 

 

 

8月28日から始まったANA VALUEとは?新しい運賃体系を徹底解説!

ANA SUPER VALUE EARLYに先駆けて、10月28日から2019年3月30日搭乗分の国内線「ANA VALUE」「ANA SUPER VALUE」シリーズを販売開始しました。

これらは8月28日9時30分から期間分を一斉販売します。

このANA VALUEはどういった特徴があるのでしょうか?

 

 

 

ANA VALUEは特割を一新!

ANA VALUEとは、従来の「特割」を一新したシステムで、普通運賃よりもちょっと安い金額設定になっています。

特割なので、搭乗日の直前でも予約できます。

もともとあった「特割3」などの3日前まで予約可能な数字は引き継がれますので、ANA VALUE3とANA VALUE1があることになります。

ちなみに、羽田から千歳空港までの値段は以下のようになります。

ANA VALUE 3:2万1900円~3万2100円

ANA VALUE 1:2万6500円~4万200円

 

 

 

 

ANA SUPER VALUEは旅割からの変更!

一方、ANA SUPER VALUEは「旅割」からのリニューアルになります。

旅割はかなり前(75日前)から予約できる制度で、ANA SUPER VALUE75とANA SUPER VALUE75、55、45、28、21などがあります。

なお、羽田から千歳空港までの価格は以下の通りです。

ANA SUPER VALUE 75:1万700円~1万6400円
ANA SUPER VALUE 55:9700円~1万7300円
ANA SUPER VALUE 45:1万2400円~2万円
ANA SUPER VALUE 28:1万2600円~2万7900円
ANA SUPER VALUE 21:1万8400円~3万500円

 

 

 

プレミアムクラス限定のANA VALUE PREMIUM!

ちなみに普通運賃は「ANA FREX」という名前に変わましたが、変更したのは往復割引10%がなくなったことや、運賃は空席連動型となりました。

空席連動型というのは、ざっくりいうと空席が多いほど安い、空席が少ないほど高いというシステムで、空席が多いFREX-Dから、空席が少ないFREX-Aまであります。

羽田から千歳空港までのANA FREXの運賃は以下の通りです。

FREX-A:4万3900円
FREX-B:4万1900円
FREX-C:3万9400円

 

さらにANAにはプレミアムクラスという制度がありますが、その場合の名称は、ANA VALUE PREMIUMとANA SUPER VALUE PREMIUMとなります。

プレミアムクラスなので、もちろん普通席よりも料金が高くなっています。

 

FREX-D/通常:3万6200円
FREX-D/ピーク:3万9900円

 

 

 

 

 

新しい運賃体系のANA SUPER VALUE EARLYの特徴は?ANAマイラーにとって非常にお得に!!

今回のリニューアルで一番のトピックになったのは、ANA SUPER VALUE EARLYという運賃体系が新設されたことです。

EARLYとつくぐらいなので、予想通り早く予約ができるという意味なのですが、一体どのくらい早く予約できるのでしょうか??

 

 

 

 

ANA SUPER VALUE EARLYは予約が355日前から!

なんと、ANA SUPER VALUE EARLYの予約は355日前からできます。

これはANA FREXと同じ予約の期間ですが、割引きを考えるとANA SUPER VALUE EARLYの方が確実に安いのでまずはこっちで考えたいですよね!?

しかし気を付けなければならないことがあります。

 

まず、予約変更が不可であることです。

これは、安い運賃で販売されているので当たり前かと思いますが、予約したけど急な用事で行けなくなった!!なんてときは変更ができませんので注意が必要です。

 

もう一つは、取り消し手数料がかかるということです。

ANA FREXの場合は搭乗前日まで取り消し手数料はかからないのですが、ANA SUPER VALUE EARLYは搭乗日の55日前から取り消し手数料がかかります。

ただ、逆に言うと55日前まで手数料がかからないので、もし予約した便を変更したい場合はいったん予約を取り消して、再度予約する方法がいいと思います。

 

 

 

ANA SUPER VALUE EARLYはANAマイレージクラブ会員のみ利用可能!

ANA SUPER VALUE EARLYのもう一つの特徴は、利用はANAマイレージクラブ会員に限るということです。

これは同行者も含めて全員がマイレージクラブ会員である必要があります。

なぜこのようにしているのか??

ひとつはANAマイレージクラブ会員を増やしたいという思いがあるそうです。

もう一つは、予約した場合にマイレージクラブ会員だとコミュニケーションがとりやすいとのことです。

これは、マイレージクラブ会員だとメールアドレスがわかっているため、例えばダイヤが変更になった時などに連絡が取りやすいのです。

 

ANA SUPER VALUE EARLYでの羽田~千歳空港の運賃は以下の通りです。

ANA SUPER VALUE EARLY:3万3400円~2万2400円

 

運賃の幅は空席連動型をとっているため、空席が多いと安くなり、空席が少ないと高くなる仕組みです。

 

 

 

いち早く予約をするためANAマイレージクラブ会員になろう!!

ということで、この機会にまだなってない人はANAマイレージクラブ会員になることをおススメします。

マイレージクラブ会員になるとマイルが貯められるほか、予約の際にも管理がしやすいので非常に便利です。

マイレージクラブ会員になるのは無料でなることができますが、せっかくなのでANAカードを所有したほうがよりいいです。

これは、ANAカードを利用するとマイルが貯まるスピードが格段に速くなります。

 

おススメのANAカードは、「ANA VISA ワイドゴールドカード」です。

これはゴールドカードの一種なのですが、利用するごとに最大1.6%以上の還元率にもなる非常に優れたカードです。

私もこのカード持参しており、このカードのヘビーユーザーです。

毎月だいたい15~20万円くらい利用しており、毎月2000~3000マイルを貯めています。

年にすると24000~36000マイルです。

 

これってすごく大きくないですか!?

購入をクレジットカードにするだけでこれだけのマイルが貯められるので、おススメできるカードになります!

ANA VISA ワイドゴールドカードの特徴は以下の記事に詳しく書いてあるので、ご覧になってから申し込むか決めてください!

 

ANA VISA ワイドゴールドカードでマイル付与率1.4%以上!陸マイラーは必携です
ANAを利用する人、ANAマイルを貯める人はANAカードは絶対持つべきクレジットカードです。 しかしANAカードは種類が多すぎて、あなたはどのカードを持てば良いか悩んでいませんか
2018-03-27 01:38

 

 

コメントを残す