ANAアメックスカードは紹介キャンペーン実施中で最大38,000マイル獲得【2020年2月更新】

「ANA」の名の付くクレジットカードの中で、グレードの高さを誇るのがANAアメリカンエキスプレスカードです。

一般的には、ANAアメックスと呼ばれています。

ANAアメックスはANAとアメリカンエキスプレスが提携して発行されています。

ANAカードとアメックスが一体となったカードですが、メリットを把握して有効に利用すればANAマイルがたくさん貯まります。

ANAアメックスはどのような特性の人に良いカードなのでしょうか!?お得な入会方法とともに紹介したいと思います。

 

 

 

Contents

ANAアメックスカードをよりお得に入会する方法

最初にANAアメックスカードに入会したい人にとって朗報です。

実は通常よりもお得に入会する方法があるのです。

この方法を使えば通常申し込むよりボーナスポイントが多くもらえます。

ぜひ活用して多くのポイントをゲットしてください。

 

 

 

本サイト経由で申し込むと通常より多くのマイルがもらえる

結論から言うと、本サイトの以下のボタンをクリックして入会すると、通常より多くのポイントがもらえます。

ボタンをクリックすると、特別なメールが送られますので本文に書いてあるURLをクリックして入会ページに進んでください。

そうすると多くのポイントがもらえます。

 

入会は以下のボタンより問い合わせを行ってください。

 

ANAアメックスのお問い合わせ

 

 

 

本サイト経由で最大38,000ポイント獲得のチャンス!

上のボタンから申し込むと最大で38,000ポイントを獲得できるチャンスがあります。

通常の入会だと獲得できるポイントは35,000ポイントになるので、その差は3,000ポイントです。

1ポイント=1マイルなので、3,000マイル余分にもらえることになります。

そう考えると大きいですよね!?

以下に38,000ポイントの内訳を示します。

 

入会特典1:入会後3ヶ月以内に、合計1万円のご利用達成で 2,000ボーナスポイント獲得

入会後3ヶ月以内に1万円をカード利用すると、2,000ポイントを獲得できます。

 

入会特典2:入会後3ヶ月以内に、合計20万円のご利用達成で 8,000ボーナスポイント獲得

入会後3ヶ月以内に20万円をカード利用すると、さらに8,000ポイント獲得できます。

1ヶ月あたり7万円利用すればいいことになります。

 

入会特典3:入会後3ヶ月以内に、合計60万円のご利用達成で 21,000ボーナスポイント獲得

入会後3ヶ月以内に60万円をカード利用すると、さらに21000ポイント獲得できます。

1ヶ月あたり20万円です。

ここまでくると実現可能な人とできない人が分かれると思いますが、決して無理せず自分の生活スタイルにあった利用をしてください。

 

 

通常利用で6,000ポイント獲得

60万円をカード利用すると、通常で6000ポイントを獲得できます。

これで合計38000ポイントとなります。

 

 

 

 

 

ANAアメックスカードのメリット・デメリットから所有すべきか考えてみる

ANAアメックスカードはアメックスを利用しながらANAマイルを貯めることができるカードです。

アメックスはANAマイルを貯めることに対して有利だと言われていますが、このカードはANAマイルを貯めることに果たしてメリットがあるのか?

その点で判断してみたいと思います。

 

 

 

ANAアメックスカードのメリット

ANAアメックスカードのメリットを考えてみましょう。

 

  • ANAマイル有効期限を実質無期限にできる
  • 空港ラウンジサービスを利用できる
  • ANAマイルがたまるプログラムが充実

 

ANAマイルには3年間という有効期限があります。

貯めたマイルは、マイルが加算された月から数えて、36か月後の月末まで有効です。

しかしANAアメックスはカード利用で直接ANAマイルが貯まるのではなく、まずはアメックスのポイントが貯まり任意のタイミングでANAマイルに交換できるという特性を利用し、ANAマイルの有効期限を延ばすのではなくアメックスのポイントの有効期限をなくすことによって実質無期限でANAマイルを貯められる訳です。

ANAマイル有効期限を実質無期限にするには、マイル移行コースに登録するだけでOKです。

これだけでポイントに期限がなくなるので、アメックスのポイントをじっくりため希望するポイントが貯まった時点でANAマイルに交換すると良いでしょう。

 

ANAアメックスのメリットの中で、最もお得度が高いと思うのがこの「同伴者1名まで無料で利用できる空港ラウンジサービス」です

 

 

一般的に空港ラウンジサービスはゴールドカード以上に付帯するサービスであり、ゴールドカードの年会費はほとんどのカードが1万円を超えます。

対してANAアメックスの年会費は7,000円(税別)と一般的なゴールドカードと比較すると大幅に安く、さらに同伴者1名まで無料で利用できるというのは本当に驚きです。

ちなみに空港ラウンジはカード会員以外でも有料で利用できるケースがありますが、その場合の費用は多くの場合、1,000円(税別)程度です。

つまりANAアメックスを利用し同伴者含め空港ラウンジを無料で利用した場合、それだけで2,000円(税別)お得になる訳です。

ちなみに本サービスは家族カードも利用できるので、ANAアメックスとその家族カードがあれば家族4人が無料で空港ラウンジを利用することもできます。

 

ANAアメックスがANAカードの中でコスパ最高峰と言われる理由は、付帯サービスの充実度に加えANAマイルがどんどん貯まるポイントプログラムの使いやすさにあります。

ちなみにANAカードマイルプラス提携店には、セブン・イレブン(カード利用200円につき1マイル)やマツモトキヨシ(カード利用100円または200円につき1マイル)、スターバックスコーヒー(カード利用100円または200円につき1マイル)他、日常使いできる店舗が揃っています。

通常のカード利用に加えこれらの提携店舗を上手く活用するとマイルがどんどん貯まっていくので、しっかり憶えておきましょう。

 

ANAアメックスのお問い合わせ

 

 

 

 

ANAアメックスカードのデメリット

ANAアメックスには以下などのデメリットがあります。

 

  • 飛行機に乗らない人には価値を感じられない
  • ポイント移行コースに登録料がかかる
  • 海外で使えるラウンジが少ない

 

ANAアメリカンエキスプレスカードはANAのマイル特典にアックスの旅行サービスが加わったカードと言えます。

飛行機を利用する機会の多い人には最適なカードです。

ただ逆に、飛行機に乗らない人にはそれほどの価値を感じられないカードでもあります。

毎年旅行や出張などで飛行機に乗る機会が多い人、このカードを持つにはこれに限ると思います。

次にデメリットとしてあげたのが、ポイント移行コースへの登録料6,000円(税抜)です。

メリットとしてもあげましたがANAアメックスはカード利用額100円につき1ポイント貯まっていき、そのポイントを1ポイント1マイル換算でANAマイルに交換できます。

しかしポイントをANAマイルに交換するためには、このポイント移行コースへの登録料を支払わなければいけません

 

最後にデメリットとしてあげたのは、日本国内の主要空港はほとんど全て利用できるものの海外で利用できる空港ラウンジが少ないという点があります。

海外への出張や旅行が多い方で空港ラウンジを頻繁に利用する場合は、使えるラウンジが少ないのはやはり物足りなさを感じるところだと思います。

 

 

 

ANAアメックスカードを保有すべきか!?

メリット・デメリットからANAアメックスカードを保有すべきか考えてみましょう。

メリットとしてあげたANAマイルの実質無期限にできるということですが、これはANAマイルを貯めている人にとっては非常に有効な特徴であると言えます。

ただデメリットとしてあげた、実質無期限にするにはマイル移行登録料6,000円を払わなければならないのは痛手です。

つまりANAマイルを貯めている人でマイル有効期限を無期限にしたい場合は年間13,000円かかると思ってください。

 

次にメリットとしてあげたラウンジが無料で利用できるのは旅行者にはいいですね。

ただ海外ラウンジで利用できる場所が少ないのは、やはり寂しい感じがしますが国内旅行をメインにしている人は問題ないかと思います。

ANAマイルがたまるプログラムも充実していますが、これはANAアメックスカードに限らずANA JCBでもANA VISAでも同じことが言えるのでアメックスにこだわらなくてもいいと思います。

 

上記でも述べたようにANAアメックスを所有するのはやはり旅行する人、出張する人がメインになります。

飛行機に頻繁に乗る人はこのカードを持ってワンランク上のフライトを楽しくことができると思います。

 

 

ワンランク上のANAアメックスゴールドがオススメ!!

ただ、頻繁に旅行する人や出張する人にとっては、ANAアメックスカードだと物足りなさを感じると思います。

その時には一つ上のランクである「ANAアメックスゴールドカード」をオススメします。

 

 

まず説明すると、このカードは年会費31,000円(税別)かかります。

「高い!!」って思われる方が多いと思います。

 

しかしこのカードの特徴は大きく以下のようにあげられます。

・マイル移行登録料が無料

・ANAマイル付与率が高い(最高3%)

・空港での手厚いサービス

 

まず、ANAアメックスカードで6000円かかっていたマイル移行登録料がANAアメックスゴールドでは無料になります。

次にANAアメックスゴールドは、ANAマイル付与率が高いのです。

通常の利用だと100円で1マイルたまるのですが、ANAアメックスゴールドで航空券を購入するとなんと100円で3マイルたまります。

飛行機に頻繁に乗る人だと、航空券をANAアメックスゴールドで購入していくとどんどんマイルが貯まっていくことになるので、やばいくらいマイルがたまると思います。

最後に空港での手厚いサービスですが、手荷物の無料配送サービスがあったり、空港ラウンジの無料利用ができたりと旅行者にとってかなり有効な特典が付いています。

年会費は高いですが、このような年会費以上の価値がある特典やサービスを受けられるので、旅行や出張に頻繁にいく人は絶対にANAアメックスゴールドを持つべきでしょう。

 

ANAアメックスゴールドの詳細は以下の記事に書いています。

ぜひ参考にしてください。

ANAアメックスゴールドはポイントサイトよりも紹介キャンペーンからの申し込みで最大72,000マイル獲得【2020年2月更新】
ANAアメックスゴールドはANAで海外出張や旅行に行く!という方は持つべきカードです。 なぜならこのカードを持ってANA便に乗ると、マイルの貯まり方が格段に上がるからです。
2019-02-22 03:44
ANAアメックスゴールドの凄すぎるマイル付与率の高さは空マイラーにオススメ!!
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはANA(全日空)とアメリカン・エキスプレスが提携して発行しているANAカードです。 ANAワイドカードの特典と、Amex G
2018-04-14 07:57

 

 

ANAアメックスのお問い合わせ

 

 

 

 

 

 

ANAアメックスカードの基本情報や特典

ANAアメックスカードは年会費がそこまで高くない割に、ANAのマイルがたまりやすい、空港でのサービスが受けられるなどサービスがある程度充実しています。

基本情報を理解し、サービスを有効に活用することでクレジットカードを効率よく利用することができます。

 

 

ANAアメックスカードの基本情報

ANAアメックスカードの基本情報を紹介します。

 

年会費

年会費は本人会員が7,000円(税抜)で、家族会員は2,500円(税抜)です。

ETCカードの年会費は無料ですが、初回の発行時に850円(税抜)がかかります。

 

付帯保険

ANAアメックスには以下の保険が付帯されます。

 

1.海外旅行傷害保険(旅行代金をカードで支払った場合に付帯)

・死亡・後遺障害:3,000万円

・傷害、疾病治療費用:100万円

・損害賠償費用:3,000万円

・携行品損害(自己負担3,000円):30万円

・救援者費用:200万円

 

2.国内旅行傷害保険(旅行代金をカードで支払った場合に付帯)

・傷害死亡・後遺障害:2,000万円

 

3.ショッピング保険

カードで購入した商品に破損・盗難などの損害を受けた場合、購入日から90日以内であれば年間最高200万円まで補償されます。

 

 

 

ANAアメックスカードの特典

ANAアメックスカードの特典やボーナスはどのようなものがあるのでしょうか?

 

ポイントプログラム

100円ごとに1ポイントのメンバーシップ・リワードポイントが付与されます。

なお、ANAグループでのANA航空券、旅行商品、機内販売などを購入するとポイントが通常の1.5倍になります。

通常の1ポイントに加え、利用額200円に付き1ポイントが加算されます。

 

ポイントやマイルのアップ

以下の店舗で利用すると、ポイントやマイルが増量されます。

 

1.ANAカードマイルプラス特約店

ANAカード特約店である「ANAカードマイルプラス」の提携店で利用すると、100円または200円に付き1マイルが加算されます。

従って、マイル付与率は1.5%~2%にアップします。

ANAカードマイルプラス特約店にはセブンイレブンやイトーヨーカドーを始め、百貨店、家電量販店、ガソリンスタンドなどがあります。

 

2.ボーナスポイント・パートナーズ

アメックスの「ボーナスポイント・パートナーズ」の提携店でANAアメックスを利用すると、ポイントが通常より多く貯まります。

ポイント制度には100円当たり2・3・5・10ポイントの4種類があります。

 

3.ANAマイレージモールの利用

ANAが運営するネットモールの「ANAマイレージモール」を利用すると、店舗ごとにANAマイルが加算されます。

参加サイトには楽天市場やYahoo!ショッピング、マツモトキヨシ、Oisix、じゃらん、ユニクロなどがあります。

 

4.楽天Edyの利用

 

ANAアメックスには電子マネーの楽天Edyが搭載されており、200円に付きANAマイルが1マイル付与されます(マイル付与率0.5%)。

また、楽天Edyには「Edyマイルプラス」という制度があり、対象店舗で楽天Edyを使うと、200円に付き2倍の2マイルが得られます。

Edyマイルプラス対象店にはニッポンレンタカーや紀伊國屋書店、マツモトキヨシ、洋服のはるやまなどがあります。

 

ポイントのANAマイルへの交換

貯まったポイントは1,000ポイントを1,000 ANAマイルに交換できます。

ただし、リワードポイントをANAマイルに交換するには「ポイント移行コース」への登録が必要になっており、毎年6,480円(税込)の登録料がかかります。

移行コースは毎年自動更新され、移行コースに登録するとポイントの有効期限が3年ではなく無期限になります。

ただ、ポイントから移行したマイルの有効期間は36ケ月(3年)です。

なお、マイルの有効期間が3年あることを利用して、3年に1回だけポイント移行コースに登録し、ANAマイルに交換した後解約すれば、登録料の負担を実質1/3(2,160円)にできます。

 

ボーナスマイルのプレゼント

ANAアメックスは通常のフライトマイルに加え、区間ごとのボーナスマイルがプレゼントされます。

マイル数は「区間基本マイレージ×クラス運賃倍率×10%」です。

その他、入会時と毎年の更新時に各1,000マイルを貰えます。

 

付帯サービス

ANAアメックスは以下などのサービスを受けられます。

 

1.空港ラウンジの利用

アメックスが提供する28空港39ヶ所の空港ラウンジを無料で利用できます。

同伴者も1名まで無料での利用が可能です。

 

2.手荷物無料宅配

海外旅行の帰国時に空港から自宅まで、スーツケース1個を無料で配送してもらえます(通常1個1,500~2,000円)。

成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港で利用できます。

 

3.グローバル・ホットライン

ANAアメックスには「グローバル・ホットライン」というサービスがあり、海外においても日本語での電話サポートを24時間受けられます。

以下などをサポートしてもらえます。

・航空券やホテル、レストラン、イベントなどの予約

・紛失や盗難の処理

・病院や弁護士などの紹介

 

 

 

 

 

まとめ

ANAアメックスカードの基本情報、特典やメリットデメリットについて説明しました。

結論として、このカードは旅行者や出張に頻繁にいく人には有効だと思いますが、それ以外の人はもっといいカードがあるのでそちらを選んだ方がいいと思います。

さらに、旅行や出張に頻繁にいく人でも、ワンランク上のANAアメックスゴールドの方がよりANAマイルがたまりますし、優雅に空港で過ごせると思うので余裕のある人はANAアメックスゴールドをお勧めします。

 

ANAアメックスのお問い合わせ

 

 

 

 

コメントを残す