SPGアメックスとデルタアメックスゴールドを7つの点から徹底比較【2019年最新】

この記事はSPGアメックスとデルタアメックスの2つのカードについて比較していきたいと思います。

どちらもアメックス系のカードですが、性質は全く異なります。

どのように違うのか、徹底的に解説していきます。

 

 

 

SPGアメックスとデルタアメックスゴールドを徹底比較!!

前述した通りSPGアメックスとデルタアメックスゴールドは性質が全く異なるカードになります。

ただし、どちらもアメックスの「提携カード」であり「ゴールドカード」ランクのカードです。

ですので、それぞれの得意分野に特化した異なる特典を持つ一方で、同一の特典も備えています。

そこで、両者の違いを比較しやすくするための考え方のコツとして、

 

  • マリオットボンヴォイのポイントシステムと上級会員資格
  • デルタ航空のポイントシステムと上級会員資格

 

 

この2点を主に考慮して比較することとします。

 

なお、SPGアメックスとANAアメックスゴールドの比較も以下の記事で行なっていますので、興味のある方はぜひご覧になってください。

SPGアメックスと ANAアメックスゴールドはどっちがいい?2枚のカードを比較してみた
この記事では以下の2つのカードについて比較していきたいと思います。 SPGアメックス ANAアメックスゴールド どちらもアメックス系で年会費も似ており、マイルも貯
2019-08-20 00:43

 

 

 

比較① 年会費

年会費の比較です。

SPGアメックスの方がデルタアメックスゴールドよりも5,000円高くなっています。

さらにデルタアメックスゴールドは家族カードが1枚無料なので、費用に関してはデルタアメックスゴールドの方が有利と言えます。

 

年会費 SPGアメックス デルタアメックスゴールド
本カード 31,000円+税 26,000円+税
家族カード 15,500円+税 1枚無料・2枚目以降 12,000円+税
ETCカード 年会費:無料
新規発行手数料:850円
年会費:無料
新規発行手数料:850円

 

 

 

比較② 付帯保険

付帯保険に関して以下の表にまとめました。

ほとんど同額の補償が多いですが、航空便遅延、乗り継ぎ便遅延、手荷物遅延、手荷物紛失の補償に関しては、SPGアメックスはありますが、デルタアメックスはないという違いがあります。

やはり各種遅延等補償がつくとつかないのでは、旅行の際に大きな違いとなるでしょう。

 

付帯保険 SPGアメックス デルタアメックスゴールド
海外旅行保険付帯条件 利用付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 最高1億円 最高1億円
傷害治療 最高300万円 最高300万円
疾病治療 最高300万円 最高300万円
携行品損害 最高100万円 最高1000万円
救援者費用 最高400万円 最高400万円
賠償責任 最高4,000万円 最高4,000万円
航空便遅延・欠航・搭乗不能 最高2万円 ×
乗継遅延費用(宿泊・食事代) 最高2万円 ×
手荷物遅延 最高2万円 ×
手荷物紛失 最高4万円 ×
日常 ショッピング補償 年間最高500万円 年間最高500万円
返品補償
インターネット不正使用補償 全額

 

 

 

比較③ 貯まるポイント・マイル

SPGアメックスで貯まるポイントは「マリオットボンヴォイポイント」、デルタアメックスで貯まるのは「スカイマイル」になります。

マリオットボンヴォイについて知りたい方は、以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

Mariott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)ポイント制度解説!SPGアメックスカード所有で無料宿泊特典
旅行で考えなくてはならない大事なことの一つとして、ホテルがあると思います。 ホテルのグレードや部屋の快適さで、その旅行がよかったかどうかが決まるほどです。 そのホテルグ
2019-05-13 02:30

 

 

マリオットボンヴォイポイントをマイルに換えると、なんと44もの航空会社のマイルに交換することができます。

一方スカイマイルはデルタ航空のみのマイルですが、同じアライアンスであるスカイチームの航空会社30社であれば利用可能です。

 

SPGアメックス デルタアメックスゴールド
貯まるポイント・マイル マリオットボンヴォイポイント スカイマイル
マイルに交換できる航空会社 ANA・JALを含む44社 スカイチーム30社

 

スカイチームの主要メンバーは以下のようになっています。

 

 

 

 

比較④ ポイント還元率

SPGアメックスとデルタアメックスゴールドで貯められるポイントやマイルの還元率の比較です。

基本還元率はSPGアメックスが3%、デルタアメックスゴールドは1%となります。

これだけみるとSPGアメックスが非常に高い還元率に思えますが、マリオットボンヴォイポイントをマイルに交換する際、3ポイント=1マイルという比率になるため、結局100円の買い物で1マイルになりデルタアメックスと同じ還元率になるわけです。

 

ただしSPGアメックスにはボーナスがあり、60,000ポイント以上を一度に交換すると、25%のボーナスマイルがもらえます。

つまり60,000ポイント以上の交換では1.25%の還元率になるというわけです。

 

 

SPGアメックス デルタアメックスゴールド
還元率 3%(100円=3ポイント) 1%(100円=1マイル)
マイルへの交換比率 3ポイント=1マイル

(60,000ポイント以上の交換で25%ボーナスマイル)

航空券購入ボーナス 0% 3%(デルタ航空券購入時のみ)
ホテル宿泊ボーナス 18.5%(マリオットボンヴォイ系利用時) 0%
海外ショッピング 0% 1.5%

 

デルタ航空を利用している人は、デルタアメックスゴールドで航空券を購入すると3%マイルが貯まりますので、絶対にデルタアメックスゴールドを活用してください。

一方、マリオットボンヴォイ系のホテルをよく利用する人は絶対にSPGアメックスです。

海外に行ったりする人がどのような旅行をするかによって選ぶカードが決まってきますね。

 

 

 

比較⑤ ポイント・マイルの有効期限

SPGアメックスカードのポイント有効期限は、実質無期限です。(最終ポイント増減から1年)

対してデルタアメックスゴールドのスカイマイルも無期限です。

私もスカイマイルを貯めていますが、無期限なのでマイル残高を気にしなくていいので安心して貯めることができています。

 

 

 

比較⑥ 入会ボーナスポイント・ボーナスマイル

入会時にもらえるボーナスポイント・マイルは以下のようになっております。

 

SPGアメックス デルタアメックスゴールド
入会特典 0 8,000
紹介特典 36,000 10,000
通常ポイント 3,000 4,000
マイル換算 13,000マイル 22,000マイル
特典条件 入会後3ヶ月で10万円の利用 入会後3ヶ月で40万円の利用

 

もらえるボーナスはデルタアメックスゴールドの方が多いですが、条件が厳しくなっています。

3ヶ月以内に40万円利用ということは、1ヶ月で14万円程度利用しなければなりません。

その意味ではあまり良い条件ではないと思います。

 

 

 

比較⑦ その他サービス・特典

他の付帯サービス・特典を以下にまとめました。

 

SPGアメックス ANAアメックスゴールド
継続特典 無料宿泊(1泊2名まで) 3,000マイル
上級会員制度 マリオットボンヴォイ ゴールドエリート

 

スカイマイル ゴールドメダリオン

2年目以降は150万円以上の利用で継続

空港ラウンジ ○(本人+同伴者1名) ○(本人+同伴者1名)
手荷物無料宅配サービス
エアポート送迎サービス
海外旅行先での日本語サポート
優先レーンでのチェックイン ×
優先搭乗 ×

 

どちらもゴールドカードということであり、ラウンジ利用や手荷物宅配サービスなどは同じ条件になっています。

SPGアメックスの嬉しいところは、毎年1泊無料宿泊券がついてくるというところです。

カードを持っていれば無条件で付与されるので、この特典が絶対利用しない手はないです。

上級会員の資格はどちらも標準装備されていますが、デルタアメックスゴールドのゴールドメダリオンは初年度は無条件でつきますが2年目以降は前年に150万円以上利用していないと付与されないので注意が必要です。

 

ただしデルタ航空のゴールドメダリオンの威力は凄まじいものがあります。

それは優先レーンでのチェックインや優先搭乗、手荷物の優先受け取りなどの特典がつくからです。

日系の航空会社であるANAやJALの場合、たった一枚のクレジットカードへ入会するだけで、それぞれのマイレージプログラムの会員資格を獲得できるものは存在しません。

それぞれのマイレージプログラムの上級会員資格を獲得するためには何十回というフライト実績を積み上げる必要があります。

そして、そのためには膨大なお金と時間が必要になるからです。

この、航空会社のハイクラスなーステータス資格を、デルタ航空に搭乗実績が全くなくても無条件で保持できるクレジットカードは、このカード以外に見当たりません。

デルタアメックスゴールドの最大の利点は、このマイレージプログラムの上級会員資格の標準装備だと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

SPGアメックスとデルタアメックスゴールドの2枚のカードの比較を行いました。

どちらもそれぞれの味を出した特徴があり、甲乙つけがたい結果となっています。

この場合、自分が利用するシーン別に選定すると良いと思います。

 

ホテルによく泊まり、日々の買い物でもANA、JALマイルを多く貯めたい → SPGアメックス

海外旅行によく行き、飛行機によく乗り、優雅なフライトを楽しみたい → デルタアメックスゴールド

 

このような基準で選定することになると思います。

 

この記事を読んでSPGアメックスに興味を持った方は、入会キャンペーンをやっていますので以下の記事を読んでみてください。

カードの詳細が書かれています。

SPGアメックスは無料宿泊特典付き!入会キャンペーンやポイント購入で大量ANAマイル獲得【2019年10更新】
数あるクレジットカードの中でも、私がオススメのカードはいくつかあります。 そのうちの1枚として、SPGアメックスカードというクレジットカードがありますが、このカードはホテル好
2018-12-15 09:08

 

 

また、デルタアメックスゴールドに興味を持った方は以下の記事でカードの詳細が書いています。

こちらもぜひ読んでみてください。

デルタアメックスゴールドは紹介キャンペーンで最大22,000マイル獲得【2019年10月更新】上級会員資格が手に入る!
アメリカの航空会社にデルタ航空がありますが、アメックスと提携して「デルタスカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」(以降デルタアメックスゴールド)というクレジットカード
2019-03-11 02:03

 

 

カードを紹介してほしい!

 

というかたは、以下のボタンより問い合わせを行なってください。

メールにて詳細な情報を送らせていただきます。

メール本文に書かれてあるURLより入会ページへ行くと、通常より多くのボーナスポイントをもらえますのでこちらから申し込む方が絶対にお得です!

 

 

アメックスカードのお問い合わせ

 

 

 

 

 

以上、最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す