SPGアメックスとアメックスゴールドカードは何が違うの?7つのポイントで比較した【2019年版】

この記事では、SPGアメックスとアメックスゴールドカードを比較します。

SPGはスターウッド プリファード ゲストの略です。プリファードゲストは、日本語にすると優先ゲストという意味ですが、スターウッドとは聞いたことがない人もいると思います。

スターウッドは、世界的なホテルグループです。正確には現在はこちらも世界的なホテルグループのマリオットに買収されております。

日本では、マリオットの他に、リッツカールトンやシェラトン、ウェスティンなどのブランドも有名ではないかと思われます。

 

今年、SPG制度もマリオットのゲスト会員制度と統合され、「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)」になっておりますが現時点ではカードについてはSPGの名前がついております。

 

 

つまり、マリオットグループである程度特典がもらえると思われます。ただ、実際どの程度通常のアメックスなどと変わってくるか、それについては以下の比較を参考にしてください。

 

 

 

SPGアメックスとアメックスゴールドの年会費、保険、サービスなどの比較

SPGアメックスとアメックスゴールドの、年会費や保険、付加サービスなどクレジットカードとして基本的な点からポイント還元率、入会特典など様々な観点から比較していきます。

この2枚のカードはゴールドカードであり年会費も似たような金額ながら、特典やサービスは異なったものとなります。

 

なお、SPGアメックスの詳細を知りたい方は以下の記事をぜひご覧ください。

SPGアメックスは無料宿泊特典付き!入会キャンペーンやポイント購入で大量ANAマイル獲得【2019年10更新】
数あるクレジットカードの中でも、私がオススメのカードはいくつかあります。 そのうちの1枚として、SPGアメックスカードというクレジットカードがありますが、このカードはホテル好
2018-12-15 09:08

 

またアメックスゴールドの特徴は以下の記事に記載しています。こちらもぜひご覧ください。

アメックスゴールドが紹介キャンペーン中!合計40,000マイル相当のポイントを獲得【2019年10月更新】
皆さんはアメックスカードを持っていますか? アメックスカードは世界で誰もが知る富裕層カードで認知されています。 そのため、アメックスカードを持つのは若干抵抗があ
2018-04-01 01:07

 

 

 

比較① 年会費

最初に年会費の比較です。

 

SPGアメックス アメックスゴールド
年会費(税込) 33,480円 31,320円
家族カード年会費 16,740円 1枚目無料
2枚目以降 12,960円/枚
ETCカード 年会費無料
新規発行手数料 918円
年会費無料
新規発行手数料 918円
還元率 1%(マイルは最大1.25%) 1%

 

それぞれの年会費ですが、SPGアメックスの年会費は税抜き31,000円(税込み33,480円)、アメックスゴールドカードの年会費は税抜き29,000円(税込み31,320円)とSPGアメックスの方が少々高めです。

また、家族カード会員ですが、SPGアメックスは年会費税抜き15,500円(税込16,740円)、アメックスゴールド年会費は、一枚目無料、二枚目以降税抜き12,000円(12,960円)と、こちらもSPGアメックスの方が高く、しかもアメックスゴールドの方は一つ目は無料に対しSPGアメックスは1枚無料がないので明らかにアメックスゴールドの方がお得なのがわかります。

 

 

 

比較② 付帯保険

次に保険ですが、こちらは基本的に両方とも同じ内容です。

SPGアメックス アメックスゴールド
死亡・後遺障害 【自動付帯】
なし
【利用付帯】
最高1億円
【自動付帯】
最高5000万円
【利用付帯】
最高1億円
傷害治療 【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
疾病治療 【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
救援者費用 【利用付帯】
最高400万円
【自動付帯】
最高300万円
【利用付帯】
最高400万円
【自動付帯】
最高300万円
賠償費用 【共通】
最高4000万円
【共通】
最高4000万円
携行品損害 【共通】
1旅行最高50万円
【共通】
1旅行最高50万円
家族特約 あり あり

 

 

国内旅行保険は、全く同じで、どちらも利用付帯です。

SPGアメックス アメックスゴールド
死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高5,000万円

 

 

プロテクション系のサービスも全く同じです。

SPGアメックス アメックスゴールド
ショッピングプロテクション
(年間500万円)

(年間500万円)
リターンプロテクション
オンラインプロテクション
キャンセルプロテクション

 

唯一異なるのは死亡・後遺障害の自動付帯がSPGアメックスだとないのが、アメックスゴールドだと最高5,000万円までつきます。

 

 

 

比較③ ポイント還元率

次にポイント還元率を比較してみます。

 

SPGアメックス アメックスゴールド
ポイント還元率 100円に3ポイント 100円に1ポイント
ポイント付与条件 毎回の利用ごと 毎回の利用ごと

 

まず、SPGアメックスではMarriott Bonvoyポイントが100円につき3ポイントたまります。

また、マリオットグループのホテルでは、100円につき6ポイント、さらに、ゴールド会員の特典として、1米ドルあたり(100円あたりでないことに注意)12.5ポイントがたまるそうです。

一方、アメックスゴールドカードでは、100円につき1ポイントがたまります。これは、Marritott Bonvoyではなくアメリカンエクスプレスの独自ポイント(アメックスポイント)です。

しかし、SPGアメックスはポイントをマイルに交換する場合、3ポイントで1マイルとなるため結局は100円につき1マイルということになります。

結論として以下のようになります。

 

SPGアメックス アメックスゴールド
還元率 1%(マイルは最大1.25%) 1%

 

ここでSPGアメックスではマイルに交換する際に最大1.25%にできます。

それは、一度に60,000ポイント以上マイルに交換することです。

60,000ポイント以上で+25%のボーナスがつくので、最大1.25%にすることができます。

 

これを考えるとSPGアメックスの方が有利と言えます。

 

 

 

比較④ マイル交換先

それぞれのポイントをマイルに交換したい場合、どの航空会社のマイルに交換できるのでしょうか。

 

航空会社のマイレージプログラム SPGアメックス アメックスゴールド
エーゲ航空
アエロフロート ボーナス
エアロメヒコ クラブプレミエ
エアカナダ アエロプラン
エアチャイナ フェニックスマイル
エールフランス/KLM フライングブルー
ニュージーランド航空Airpoints™
アラスカ航空 Mileage Plan®
アリタリア航空ミッレミリア
ANAマイレージクラブ
アメリカン航空
アシアナ航空アシアナクラブ
アビアンカ航空 LifeMiles
ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club
アジアマイル
中国東方航空イースタンマイルズ
中国南方航空
コパ航空 ConnectMiles
デルタスカイマイル
エミレーツスカイワーズ
エティハド ゲスト
フロンティア航空EarlyReturns®
海南航空
ハワイアン航空 HawaiianMiles®
Iberia Plus
日本航空 (JAL) マイレージバンク
ジェットエアウェイズ Jet Airways JetPrivilege®
ジェットブルー航空TrueBlue™
大韓航空スカイパス
LATAM航空 LATAMPASS
ルフトハンザ Miles & More
Multiplus
カンタス フリークエントフライヤー
カタール航空プリビレッジクラブ
サウディア航空
シンガポール航空クリスフライヤー
南アフリカ航空 Voyager
サウスウエスト航空 Rapid Rewards
TAPポルトガル航空
タイ国際航空
ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles
ユナイテッド航空マイレージプラス
ヴァージンアトランティック航空Flying Club
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer
チャイナエアライン「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」
キャセイパシフィック航空「アジア・マイル」
スカンジナビア航空「SAS ユーロボーナス」
フィンランド航空「フィンエアー・プラス」

 

SPGアメックスの場合は44社もの航空会社のマイルにポイントを交換できるのに対し、アメックスゴールドは15社の航空会社のマイルに交換できます。

44社に交換できるSPGアメックスの方が自由度が高いので、旅行の幅が広がるのでいいですね!

 

 

 

比較⑤ 入会特典

それぞれのカードの入会特典について、比べてみます。

 

SPGアメックス アメックスゴールド
入会特典 0 0
紹介特典 36,000 35,000
通常ポイント 3,000 5,000
マイル換算 13,000マイル 40,000マイル
特典条件 入会後3ヶ月で10万円の利用 入会後3ヶ月で50万円の利用

 

まず、SPGアメックスでは、3ヵ月以内に10万円以上利用すると、Marriott Bonvoyポイントが30000ポイント貰えます。

一方、アメックスゴールド入会特典のボーナスポイントは以下のようになっております。

1万円のカードご利用で1,000ボーナスポイント

25万円のカードご利用で14,000ボーナスポイント

50万円のカードご利用で20,000ボーナスポイントプレゼント

 

合計で50万円利用すると35,000ポイント、また通常ポイントを加えると5,000ポイントです。

ポイント数だけ見るとアメックスゴールドの方がお得に見えますが、その分ポイントを獲得できる条件が厳しいので、毎月のカード決済金額をみながら検討していく必要がありますね。

 

 

 

比較⑥ その他サービス

SPGアメックスもアメックスゴールドもゴールドカードなので、それぞれいろんな特典やサービスがついています。

 

SPGアメックス アメックスゴールド
空港ラウンジ
アメリカン・エキスプレス・セレクト
チケット・アクセス
ゴールド・ワインクラブ
京都特別観光ラウンジ
オーバーシーズ・アシスト
エアポート送迎サービス
無料ポーターサービス
空港パーキングサービス
プライオリティパス
ゴールド・ダイニング by 招待日和
マリオットリワードゴールドエリート会員

 

大きく異なってくるのは、Marriott Bonvoy加盟ホテルにおけるホテルの特典です。

SPGアメックスを保有している場合、「Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格」を利用できます。

このカードを保有していない通常の場合、Marriott Bonvoy加盟のホテルを年間25泊以上利用しないとこの資格を得ることができないのです。

 

 

 

その特典は多数ありますが、いくつか挙げると

・Marriott Bonvoy加盟ホテルのレストラン・バーの食事代金が15%オフ

・継続すると一回ですがMarriott Bonvoyのホテルで1泊無料

・入会・継続で5泊分宿泊実績付与、Marriott Bonvoy会員レベルのグレードアップが早くなる

・チェックアウトが14:00まで延長される

・通常より高速なWi-Fiが無料で使える

・25%ボーナスポイント

・客室のグレードアップできる

などMarriott Bonvoy加盟ホテルにおいてさまざまな特典を利用できます。

 

 

 

比較⑦ 継続特典

最後に継続で利用した場合の特典の内容です。

 

SPGアメックス アメックスゴールド
カード継続特典 無料宿泊特典 なし

 

SPGアメックスの大きな特典として、マリオットボンヴォイ系のホテルに毎年1回2人まで無料で泊まることができます。

これだけで年会費をカバーできてしまうほどの特典なので、このカードが人気なのがわかります。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

アメリカンエキスプレスに代表される2つのカード、SPGアメックスとアメックスゴールドの比較を行いました。

どちらもゴールドカードということで、年会費の高さに見合ったサービスや特典が付随しています。

結局は利用する人がどのようなシチュエーションで使うかによると思いますが、

私としては、マリオットボンヴォイ系のホテルをよく利用される方は前者を、あまり利用しない方は後者を選んだほうが良いと思います。

SPGアメックスも、アメックスゴールドも比較⑤にあったような入会特典を獲得するためには、以下のボタンをクリックして特別なメールを受け取る必要があります。

メールの本文に記載されていますURLにそって入会を進めていくと、通常よりも多くのボーナスポイントを獲得できますので入会を検討している人はぜひ以下のボタンから申し込みを進めてください。

 

 

アメックスカードのお問い合わせ

 

 

以上、最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す