ユナイテッド航空のメリットはマイレージにある!お勧めクレジットカードも紹介

ユナイテッド航空は、アメリカを代表する航空会社のひとつです。

元々、ボーイングの創業者であるウィリアム・ボーイングが設立した航空会社を由来とし、100年近い歴史を誇っています。

世界最大規模の航空会社として知られているユナイテッド航空は、アメリカのシカゴを本拠としており、スターアライアンスの初期メンバーです。

保有する機体は700機以上と非常に多くなっています。

なお、日本のANAもスターアライアンスの一員です。

 

ユナイテッド航空は、かつて、アメリカン航空などと並び、航空会社の「ビッグ4」とされていました。

しかし、2002年に同時多発テロによる乗客減少の煽りを受け、一度は経営破綻し、チャプター11の適応を受けています。

その後、コンチネンタル航空との合併を経て見事に復活を遂げ、現在では世界最大の航空会社として69カ国、108の空港へ乗り入れを行っています。

 

ユナイテッド航空は日本からのアメリカ便の中では、搭乗料金が最安値になることが少なくありません。

日本の航空会社と比べると、数万円も異なることが多々あり、リーズナブルな料金でアメリカに行きたい人にはうってつけの航空会社です。

なお、サービスのレベルは全般的に高くありませんが、安全性においては非常に厳しいルールが設けられています。

そんなユナイテッド航空ですが、実はANAやJALを利用するよりもお得に特典航空券を利用できたりするのです。

ユナイテッド航空の特徴とともに紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

ユナイテッド航空のメリット・デメリット

マイルプログラムは、飛行機の搭乗回数や飛行距離に応じてポイントが貯まる制度です。

2020年現在、世界のほとんどの航空会社が独自のマイルプログラムを実施しています。

ANAやJALももちろんあり、「ANAマイレージクラブ」、「JALマイレージバンク」と言います。

ユナイテッド航空のマイルプログラムは、「マイレージプラス」という名称です。

マイレージプラスは、搭乗する路線により基準となるマイルが定められており、飛行機に搭乗するたびにポイントが貯まる制度です。

さらに、ビジネスクラスやファーストクラスなどの上位クラスの座席を選択することで加算されるマイルが増えます。

マイルは1年ごとに集計され、飛行回数に応じて、よりマイルが貯まりやすくなる上位クラスのプログラムに変更することができます。

マイレージプラスには、一般会員も含めると全部で5クラスが存在します。

・一般会員

・シルバー会員:年間25,000PQM以上

・ゴールド会員:年間50,000PQM以上

・プラチナ会員:年間75,000PQM以上

・プレミア1K会員:年間100,000PQM以上

 

例えば、一般会員のひとつ上位のクラスであるシルバーでは、1回の搭乗ごとに一般会員の1.4倍、最上位クラスであるプレミア1kでは、一般会員の2.2倍のマイルが獲得できます。

 

 

 

ユナイテッド航空のメリット

第一の強みは、なんと言ってもネームバリューです。

ユナイテッド航空は、映画や海外ドラマでもたびたび登場する航空会社です。

特に、飛行機に乗る機会の少ない方にとっては、ユナイテッド航空を選択するだけで、ちょっとした旅の思い出を作ることができるかもしれません。

 

 

 

 

ユナイテッド航空は世界有数の就航路線を誇っています。特に海外出張が多く、飛行機を頻繁に利用する方や、海外旅行が好きでいろいろな場所に旅をされる場合、多くの国の空港で利用することができます。

利用する航空会社を一本化できれば、その分マイルも貯めやすくなるため、「次回のフライトでは憧れのファーストクラスに」ということも夢ではなくなります。

またマイレージプラスには以下の5つのメリットがあり、ANAやJALのマイルより利便性が高くなっています。

  • 1.選択できる航空会社が多い。
  • 2.マイルの有効期限がない。
  • 3.特典航空券に燃料サーチャージが含まれる。
  • 4.特典航空券は誰でも利用できる。
  • 5.ANAの格安運賃でも100%のマイルが貯まる。

 

以上の5項目はANAやJALにはない大きなメリットとなります。

 

1.選択できる航空会社が多い

マイレージプラスはスターアライアンス加盟の全ての航空会社、及びマイレージプラス提携会社が運航するフライトでマイルを利用できます。

マイレージプラスで好きな航空会社を選べるため、旅行の行き先や時間などの選択肢が広がります。

これを利用して、マイレージプラスでANAの国内線にお得に乗る方法があります。

以下の記事に詳細を書いていますので、是非ご覧ください。

 

2.マイルの有効期限が無い

ANAやJALのマイルには36ケ月という有効期限がありますが、マイレージプラスは2019年に無期限になっています。

そのため、マイルの有効期限を気にする必要が無く、また知らない間にマイルを消失するということもありません。

 

3.特典航空券に燃油サーチャージが含まれる

ANAやJALのマイルは特典航空券と交換できますが、燃油サーチャージを別途に支払う必要があります。

ところが、マイレージプラスは特典航空券の中に、燃油サーチャージが含まれています。

燃油サーチャージはこれからも値上がりする傾向になると思いますので、非常にありがたいメリットと言えます。

 

4.特典航空券は誰でも利用できる

ANAやJALの特典航空券は本人または2親等以内の親族しか利用できません。

しかし、マイレージプラスの特典航空券は誰でも利用が可能です。

従って、恋人や友人との旅行でも、マイレージプラスで予約ができます。

自分のマイルを家族が飛行機に乗れるなんて自由度の高いマイレージシステムと言えます。

 

5.ANAの格安運賃でも100%のマイルが貯まる

ANAはエコ割など安い運賃で海外に行った場合、マイルが30%や50%などに削減されます。

一方、マイレージプラスは100%付与されるため、マイレージプラスで貯めた方がお得になりがちです。

 

 

 

ユナイテッド航空のデメリット

世界No.1としての強みを豊富に持つユナイテッド航空ですが、もちろん良い点ばかりとは限りません。

ユナイテッド航空には残念ながら以下のような弱みも存在します。

 

コミュニケーションは英語が中心

ユナイテッド航空は、アメリカの航空会社であるため、機内のCAとのコミュニケーションは基本的に英語で行う必要があります。

例えば、JALやANAなどの日本の航空会社であれば、国際線であっても日本人のCAが搭乗している可能性が高いため、日本語で機内サービスを受けることができます。

そのため、英語が苦手な方や国際線の利用経験が少ない方にとっては少し不安に感じる点があるかもしれません。

 

有償の機内サービスが多い

 

 

ユナイテッド航空には、他社に劣らぬ機内サービスが充実していますが、エコノミークラスの場合、有償となってしまうサービスも多く存在します。

例えば、日本の航空会社の場合、国際線では、エコノミークラスであってもアルコール類は基本無償サービスで提供しています。

しかし、ユナイテッド航空の場合、エコノミークラスでは、ビールとワイン以外のアルコール類は有償販売です。
(一時は、全てのアルコール飲料が有償だった時期もあります。)

 

提携先サービスは海外企業が中心

ユナイテッド航空は、マイルを貯めることができる提携先が豊富ですが、そのほとんどは海外の企業のサービスが中心です。

例えば、ショッピングであれば、Paypalの利用でマイルを貯めることができますが、日本ではあまり馴染みがありません。

そのため、海外在住の方でなければマイルを貯める上ではやや不利になってしまう可能性もあります。

 

特典航空券が少なく、ライバルが多い

マイレージプラスでは、特典航空券に割り当てられる座席数が少ない上、世界的な航空会社のプログラムだけに、特典航空券の競争率が非常に高くなっています。

そのため、特典航空券の入手が困難になることがあります。

 

シーズンによって割増になる

従来、一律だった特典航空券のマイル数がシーズンによって変動するようになりました。

一般的に、利用するのはマイル数の減る閑散期より、マイルの増加する繁忙期の方が多いため、利用者にとっては損するケースが多くなります。

 

 

 

 

 

自由度が高いユナイテッド航空のマイルの貯め方を紹介

ユナイテッド航空のマイルは、提携サービスだけでなく、スターアライアンスに所属する航空会社でも貯めることができます。

スターアライアンスは、ANAも加入している世界最大の航空会社連合です。

スターアライアンスに所属する航空会社の路線であれば、特別の手続きなしでユナイテッド航空のマイルを貯めることができます。

 

さらに、ユナイテッド航空のマイルは、飛行機に搭乗しない場合にも貯めることができます。

ユナイテッド航空のマイレージプラスには、提携している宿泊先や飲食店が豊富に存在し、ホテル利用料や飲食代金でもマイルを貯めることができます。

また、提携しているクレジットカードも複数発行されており、日常的なショッピングでもマイル加算が可能です。

提携クレジットカードを日常的に利用することで飛行機に乗る機会の少ない方でもマイルプログラムの上位クラスへのクラスチェンジを狙うことができます。

 

ユナイテッド航空のマイルを貯める方法には、主に以下の5つがあります。

  • 1.ユナイテッド航空の飛行機に搭乗する。
  • 2.ユナイテッド航空の提携会社を利用する。
  • 3.提携クレジットカードを利用する。
  • 4.Opinion Miles Clubを利用する。
  • 5.MileagePlus Shopping Japanを利用する。
  • 6.  マイレージプラスを購入する。

 

 

 

1.ユナイテッド航空の飛行機に搭乗する

飛行機に搭乗した際に付与されるマイルは、航空券の運賃額と会員資格によって変わります。

なお、プレミア会員(シルバー~1K)になるための条件は以下の通りです(PQM:プレミア資格対象マイル)。

・シルバー:年間25,000PQM以上

・ゴールド:年間50,000PQM以上

・プラチナ:年間75,000PQM以上

・プレミア1K:年間100,000PQM以上

 

 

 

会員ランクごとの、航空運賃額1ドル当たりのマイル数は以下になります。

・一般会員:5マイル

・シルバー:7マイル

・ゴールド:8マイル

・プラチナ:9マイル

・プレミア1K:11マイル

 

ちなみに、以前は移動距離によってマイルが付与されていましたが、運賃額に変更されたため、貯まるのが遅くなることは否めません。

 

 

 

2.ユナイテッド航空の提携会社を利用する

ANAを始め、ユナイテッド航空の提携会社の利用でもマイルが付与されます。

ANAに乗ればマイレージプラスを貯めることができます。

 

 

 

3.提携クレジットカードを利用する

マイレージプラスが貯まるクレジットカードは全部で12種類があります。

純粋に還元率と年会費で言えば、「MileagePlusセゾンカード」が還元率1.5%で、年会費も6500円とパフォーマンスが一番よいと思いますが、私が一番お勧めするのが、「SGPアメックスカード」です。

SGPアメックスカードはマリオットボンヴォイ系列ホテルのクレジットカードですが、なんといっても貯まったポイントを多くの航空会社のマイレージに交換できることです。

その数なんと44社。

その中にユナイテッド航空も入っていますが、還元率はセゾンカードより下がり、年会費も31,000円と高いですが、年1回の無料宿泊券がついたり、マリオットボンヴォイ系ホテルに泊まるといきなりゴールドエリートから始まり、さらに大幅なボーナスポイントがもらえたりと、至れり尽くせりなサービスとなっています。

詳しくは以下の記事に書いていますのでぜひご覧ください。

SPGアメックスは無料宿泊特典付き!入会キャンペーンやポイント購入で大量ANAマイル獲得【2020年2月更新】
数あるクレジットカードの中でも、私がオススメのカードはいくつかあります。 そのうちの1枚として、SPGアメックスカードというクレジットカードがありますが、このカードはホテル好
2018-12-15 09:08

 

そしてSPGアメックスへの申し込みですが、一番お得に申し込む方法は本サイトから申し込む場合です。

私はSPG会員なので、本サイトから申し込むと会員からの紹介という扱いになり、通常よりも多くの入会ボーナスポイントがもらえることになります。

申し込む方法は簡単!

以下のお問い合わせボタンをクリックすると、メールにて特別な入会URLを送付させていただきますのでURLをクリックして入会申し込みに進んでください。

 

SPGアメックスカードのお問い合わせ

 

 

 

4.Opinion Miles Clubを利用する

Opinion Miles Clubというオンラインアンケートコミュニティを利用してアンケートに答えと、マイルがもらえます。

 

 

 

5.MileagePlus Shopping Japanを利用する

MileagePlus Shopping Japanというユナイテッド航空が運営するネットショッピングモールを利用すると、利用金額に応じたマイルがもらえます。

 

 

 

6.マイルを購入する

マイレージプラスはマイルを購入することができます。

ユナイテッド航空のホームページより購入できますが、手順は以下の通りとなります。

 

ユナイテッド航空のホームページにアクセスする

最初に以下のURLよりユナイテッド航空のホームページにアクセスします。

https://www.united.com/ja/jp

 

マイレージプラスをクリックする

ホームページ右上にあるマイレージプラスをクリックします。

 

 

マイルの購入または移行をクリックする

ページ真ん中より少し上にあるマイルの購入または移行をクリックします。

 

 

 

マイルを購入をクリックする

画面左のマイルの購入をクリックします。

 

 

ご自身のためにマイルを購入をクリックする

自分自身のマイルを購入するのであれば「ご自身のためにマイルを購入する」をクリックします。

自分以外のためにマイルを購入するのであれば「他の会員のためにマイルを購入する」をクリックします。

 

 

購入するマイル数を選択する

2,000マイルから175,000マイルまで購入できます。

クレジットカード情報などを入力して購入します。

 

 

 

まとめ

ユナイテッド航空の特徴やマイレージプラスの情報、および有効な使い方について説明しました。

マイレージプラスは使い方次第ではANAやJALよりもコスパよく使えますし、有効期限がなかったり自分以外でも特典航空券が使えたりと自由度が高いマイルです。

さらにマイルの購入もできるので、もう少しで特典航空券が・・・という人はマイルを購入してしまえばいいので有効な手段だと思います。

 

マイレージプラスを効率よく貯めるには、私はSPGアメックスカードをお勧めします。

マイレージプラス以外のマイルにも交換できますし、マリオットボンヴォイ系のホテルにも使えます。

何より毎年無料宿泊券がついてくるはでかいです。

 

マイレージプラスを貯める手段として、SPGアメックスを考えてみてはいかがでしょうか?

SPGアメックスへの申し込みですが、一番お得に申し込む方法は本サイトから申し込む場合です。

私はSPG会員なので、本サイトから申し込むと会員からの紹介という扱いになり、通常よりも多くの入会ボーナスポイントがもらえることになります。

以下のお問い合わせボタンをクリックすると、メールにて特別な入会URLを送付させていただきますのでURLをクリックして入会申し込みに進んでください。

 

SPGアメックスカードのお問い合わせ

 

 

 

コメントを残す