1. TOP
  2. クレジットカードについて
  3. アメックスカード
  4. アメックススカイトラベラーカードのメリットはマイル交換先!SPGアメックスと比較してみた

アメックススカイトラベラーカードのメリットはマイル交換先!SPGアメックスと比較してみた

アメックススカイトラベラーカードは、旅行に特化しているクレジットカードでアメリカエキスプレスが発行しています。

アメックスといえば豊富な種類のカードがありますが、このカードは旅行を生活の中心としている人には良いカードだと思います。

ただ、旅行に特化しているカードは他にもあるので、このカードならではの特徴を紹介し私がオススメするカードとの比較をしてみたいと思います。

 

 

 

アメックススカイトラベラーカードを利用するメリット・デメリット

アメックススカイトラベラーカードは旅行者に特化したカードなので、トラベル系のメリットが多いのが印象です。

逆に言うと特化しすぎているため、日常使いにはあまりメリットを感じられません。

このカードを保有するかという点で判断いただければと思います。

 

 

 

アメックススカイトラベラーカードのメリット

旅の達人になると、日ごろはクレジットカード利用でポイントを大きく貯めておき、まとめて旅の目的に応じた航空会社のマイルに移行をします。

アメックスグリーンカードを持ってメンバーシップ・リワード・プラスに加入すると、1,000ポイントにつき1,000マイルで航空会社のマイルに移行できます。

ANAマイルが欲しい人ならこれで十分です。

一方「アメックスグリーン+メンバーシップ・リワード・プラス」で貯めたポイントを他の航空会社のマイルに移行しようとすると、2017年より1,250ポイントにつき1,000マイルと移行比率が縮小されてしまっています。

 

ここでスカイトラベラーカードの出番です。

スカイトラベラーカードならANA以外へのマイル移行の場合も、1,000ポイント1,000マイルのままです。

ただし、ANAへのポイント移行についてのみ年間5,000円必要ですので、スカイトラベラーカードの場合むしろANA以外のマイルに交換するほうがいいでしょう。

 

スカイトラベラーカードのマイル交換対象航空会社は、さまざまなアライアンスにまたがっています。

一例ですが次の航空会社が挙げられます。

  • デルタ航空
  • ルフトハンザ
  • シンガポール航空
  • タイ国際航空
  • キャセイパシフィック

 

 

 

アメックススカイトラベラーカードのデメリット

カイトラベラーカードにはデメリットもあります。

まずアメックスグリーンカードと2枚持つことはできません。

 

 

なぜならアメリカン・エキスプレスが自社で発行するプロパーカードなので、プロパーカードは2枚以上は持てないためにアメックスグリーンやアメックスゴールドカードを持っている人は持てないのがデメリットとなります。

またアメックススカイトラベラーカードは、ポイントを世界中の航空会社のマイルに交換できるので飛行機をあまり乗らない人にはデメリットになってしまいます。

さらにモバイルSuicaへのチャージがポイントにならないのもデメリットとなってきます。

最後にアメックスの特徴として、海外で現地決済にも弱い部分があるようで、特にヨーロッパではスーパーや自動券売機で使えないところもあります。

 

 

 

アメックススカイトラベラーカードは保有すべきカードか?

ここまでアメックススカイトラベラーの特徴を紹介してきましたが、果たしてこのカードは持つべきカードなのでしょうか!?

メリットとしてはポイントをANAやJAL以外のマイルに交換できること、航空券購入の際に3倍のポイントがつくことが挙げられます。

これに関してはマイルを貯めることにかなりプラスであることは間違いありません。

 

しかし、年会費10000円かかるわりには付帯保険の内容が乏しく、またANAマイルを貯める人にはさらにコストがかかること、通常のカード利用で1%しかポイントたまらないことを考えるとメリットよりデメリットの方が大きい気がします。

貯める航空マイルによると思いますが、ANAマイルを貯めている人は間違いなく違うクレジットカードを選んだ方がいいと思います。

 

 

 

保有するならSPGアメックスカードがオススメ!!

ではどのカードを保有すべきか?

マイルやその他特典が豊富なカードは年会費を気にしなければいろいろありますが、私は「SPGアメックスカード」をオススメします。

 

 

まず、このカードの年会費は31,000円と高額になりますが、その分特典やボーナスがとてつもなく魅力的です。

1つ目は年に1回無料の宿泊特典がつきます。

しかもマリオットボンヴォイと言われるホテル系列に無料で泊まれるのです。

 

マリオットボンヴォイについては以下の記事をぜひご覧ください。

Mariott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)ポイント制度解説!SPGアメックスカード所有で無料宿泊特典

 

また、SPGアメックスカードを持っているだけでマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員にすぐになることができます。

これによりホテル利用の際に、よりグレードの高いホテルライフを体感することができます。

ANAマイルとも親和性がよく、通常のカード利用で最大1.2%まで還元率を高めることができ、無料でANAマイルに交換できます。

またJALマイルにも交換できるのでJALマイラーにも非常にオススメです。

このようにマイル、ホテルの観点からとってもお得であるSPGアメックスカードは持つべき1枚だと思います。

 

SPGアメックスの詳細な記事を書いていますのでぜひご覧ください。

SPGアメックスは無料宿泊特典付き!入会キャンペーンやポイント購入で大量ANAマイル獲得【2020年2月更新】

 

SPGアメックスは本サイトから申し込むと、よりお得に入会ポイントを手に入れることができます。

以下のボタンを押すと特別なメールが送られてきますので、本文に書かれてあるURLより申し込むと通常のボーナスポイントより多くポイントが獲得できますので、ぜひ活用してください。

 

 

 

 

 

 

 

アメックススカイトラベラーカードの基本情報

「スカイトラベラーカード」は、熱心な陸マイラーの方以外にはそれほど知られていないかもしれません。

航空会社のマイルを貯めるのに特化したアメックスカードで、アメックスや提携しているJCB加盟店で決済できます。

特定の航空会社系クレジットカードではないので、様々な会社のマイルに移行できる点はメリットです。

 

 

 

アメックススカイトラベラーカードの特典、サービスについて

アメックススカイトラベラーカードは条件を満たし、年会費を支払うことができれば誰でも入会することができます。

その特徴はどのようなものがあるのでしょうか。

 

年会費

アメックススカイトラベラーカードの年会費は税別10,000円です。

また、年会費5,000円で家族カードを作ることもできます。

配偶者や両親だけに限らず、婚約者や内縁のパートナーでも家族カードを発行することが可能です。

 

この年会費はアメックスのスタンダードカード、「グリーンカード」より安くなっています。

ただしスカイトラベラーカードでマイルを貯めようとするなら、他のアメックスと同様年会費税別3,000円の「メンバーシップ・リワード・プラス」へ加入しなければ、ほぼ意味がありません。

実質13,000円プラス消費税と理解しておきましょう。

 

 

付帯保険

スカイトラベラーカードには、海外旅行傷害保険が付帯されています。

この傷害保険は「利用付帯」となっています。

他の提携カードでないアメックススタンダードカードと同様です。

利用付帯は、事前に旅行代金をカード決済したときのみ保険適用となる仕組みです。

アメックスの場合は、「出発空港までの交通費」のカード決済だけではダメなのです。

 

保険の中身ですが、海外旅行で最も重要となる、傷害・疾病の際の医療費補償の上限が100万円となっています。

スカイトラベラーカードと年会費が同等の、一般のゴールドカードと比べるとやや物足りない数字です。

それでも、医療費の補償は複数の保険で合算されますので、他の「自動付帯」つまり持っているだけで保険が適用されるカードと併せて持っておくといいでしょう。

 

付帯保険としては最高2000万円の旅行損害保険に加えて、500万円のショッピング保険が付いています。

さらには渡航便遅延保険も付帯しています。

 

ポイントサービス

 

スカイトラベラーカードならではのサービスですが、航空券購入の際にポイントが3倍となります。

そのためには28の航空会社の公式サイトから円建てで航空券を購入する必要があります。

航空会社以外に、日本旅行とアップルワールドの指定旅行商品購入も対象となっています。

なお入会1年以内に上記の方法で航空券を購入すると、ファーストトラベル・ボーナスポイントとして5,000ポイント(5,000マイル相当)がもらえます。

 

なお日常のクレジットカードとして利用した場合、100円の利用につき1マイル相当が無期限で貯まります。

 

その他付帯サービス

その他クレジットカードの機能として、

 

  • 空港ラウンジ利用
  • 海外航空便遅延費用補償
  • 帰国時の手荷物無料宅配サービス

 

など、ゴールドカードによくみられるサービスが利用できます。

 

また万が一不正にカードを利用されてしまったときには、海外でのトラブルでも24時間通話無料で日本語で対応してくれます。

さらにインターネット上で不正に使われてしまったときにも損害額を全額保証してくれるので、カードを使いネットで買い物をするときも安心です。

カードで買った商品が破損していたり、盗難にあったときにも買った日から90日間なら、年間で最高500万円まで補償してくれます。

不正利用された際には、不正プロテクションが付いているので、カードを正常に利用できるようチェックしているのも利点です。

 

 

 

 

 

まとめ

アメックススカイトラベラーカードは、航空券購入時は3倍ポイントがもらえたり、ポイントをマイルに交換する際は複数の航空会社を選択できたりと旅行によく行く人には魅力のあるカードです。

しかし保険や年会費など全体を考えると、もっといいカードがあります。

私がオススメするのはSPGアメックスカードです。

マイルとホテルをカバーしたこのカードを持つことで、より素敵な旅行を味わうことができるでしょう。

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【2020年3月更新】ANAアメックスカードはポイントサイト経由以外で申し込み!紹介キャンペーンで66,000マイル超え

  • 【2020年3月更新】ANAアメックスプレミアムはポイントサイト以外で申し込み!紹介キャンペーンで28,500マイル獲得!インビテーションでしか入会できない?

  • SPGアメックスの家族カードは無駄か!?基本カードとの比較ではこうなる!

  • ANAカード申し込みはマイ友プログラムの紹介制度を利用!ちょっとした手間でマイル獲得!

  • JALアメックスプラチナカードの評判は?ポイントサイトでキャンペーン中【2019年8月更新】

  • 【2020年3月更新】アメックスビジネスゴールドはポイントサイトではなく紹介で初年度年会費無料!さらに入会キャンペーンで一撃68,000マイル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。