1. TOP
  2. クレジットカードについて
  3. ANA VISAカード
  4. ANAカード申し込みはマイ友プログラムの紹介制度を利用!ちょっとした手間でマイル獲得!

ANAカード申し込みはマイ友プログラムの紹介制度を利用!ちょっとした手間でマイル獲得!

ANAを利用するからには絶対持っておきたいのがANAカードです。

ANAカードを持つと自動的にANAマイレージクラブに加入され、マイルを貯めることができます。

ANAカードの申し込みはホームページから可能ですが、実はよりお得な申し込み方法があるのです。

 

 

 

私がANAカードをおすすめする理由

私がANAカードをお勧めする理由は、ANAを利用する人にとって大きなサービスやメリットあるからだと思うためです。

特にマイルを貯めることに限っていうと、ANAカードを持たない理由が見つからないほどです。

ただし、ANAカードといってもたくさんの種類がありますので、自分にあったカードを選ぶ必要があります。

 

 

 

ANAカードを保有すると受けられるサービス

ANAカード会員となればANAカード専用のお得サービスを受けられるようになります。

ANA会員は国内線をビジネスきっぷとして割引運賃で購入できたり、ANAの機内販売、空港内店舗などのANA関連店舗で5~10パーセント割引で購入することができます。

 

旅行保険ですが、ANAカードは一般カードだと補償内容が最高1000万円とやや少ないものの、しっかり自動付帯されています。

そして、カードランクが上がると最高1億まで補償内容が変わって希望保証額に合わせ自分の好みのものを選べます。

旅行時、旅行傷害保険がついてるのとそうでないのとでは安心感が違って、どのカードランクでも自動付帯するのは大きいメリットですね。

 

また、ANAカードは種類が豊富で有名です。

企業とクレジットカードブランド提携し発行されるカードの多くは、選べる国際カードブランド限られてることが多いですが、ANAカードはVISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナーズなどから選べます。

VISA、マスターカードは世界で加盟店トップクラスを誇っており最も世界で使えるカードです。

アメリカン・エキスプレスはステータス性が高く、ダイナースも富裕層向けカードで妥協してないサービス内容です。

 

 

 

 

ANAカードの種類について

ANAカードは一般カードからそのワンランク上のワイドカードや、プレミアムカードなど幅広いステータスの中好みのものを選べます。

普通は一般カードの上になればゴールドカードですが、ANAカードはその中間のサービスが一般カードより上で年会費がゴールドカードより安いカードが用意されています。

最上位カードはプレミアムカードとうグレードで、一般的プラチナ以上のステータス性があるカードクラスです。

VISAANAプレミアムカードはANA VISAプラチナプレミアムカードといった名称で、はっきりプラチナカードと表現されます。

 

一般的にプラチナカードは招待制になってるのが普通ですが、VISAブランドはプラチナカードも初めから申し込み可能なのが魅力となっています。

 

さらにANAカードは通常の一般カードやゴールドなどのステータス・サービス別のクレジットカード以外に、学生が利用しやすい学生用カードや、事業決済用に使いたければ法人カードなど作りたい目的に合わせカードを豊富なラインナップから選べ、選択肢の幅が広く選びやすいといえます。

 

 

 

気になる審査はどうなの?

ANAカードと一言で言ってもカードブランドやランクにより全く審査難易度が変わります。

プレミアムカードともなると審査厳しいのが当たり前ですが、そのうち最もスタンダードなANA一般カードは基本的に審査が一番易しい傾向にあります。

ただ、審査が易しいというのはあくまで他の一般的なクレジットカードと同レベルであり、安定した収入あって、信用情報に問題ないのが必須となります。

 

審査が通る最低条件として信用情報に問題ないことがもちろん大事なのですが、これは信用情報機関に記録された信用取引の履歴のことで、クレジットヒストリーと呼ばれています。

このクレジットヒストリーに事故の履歴が残っていれば審査落ちしてしまいますので、その場合自己の記録の保存期間が過ぎるまで待つしかありません。

また、クレジットヒストリーの履歴そのものが全くない、信用取引したことがない人も注意してください。

 

 

 

 

 

ANAカードのクレジットポイントをマイルに交換するには?

ANAカードを利用すると、クレジット会社に応じたポイントが貯まります。

ANAマイルにするためには、貯まったポイントをマイルに交換する必要があります。

いくつかの交換方法がありますので、自分にあった方法を選択する必要があります。

 

 

 

 

ポイントをマイルに交換する方法

ANAカードのポイントをマイルに移行するには、マイル移行を自分のタイミングで主導で交換する応募方式、自動的にマイル交換の自動移行方式があります。

自動移行方式は毎月自動でANAマイレージへ移行でき、応募方式は自分の移行したいタイミングでポイントをANAマイレージへ移行させることができます。

応募方式と自動移行方式どちらでも10マイルコース、5マイルコースを選ぶことができ、5マイルコースは移行手数料が無料となっています。

 

5マイルコース

5マイルコースとはクレジットカードのポイントを1ポイント5マイルに交換できるコースです。

1,000円で1ポイント獲得できるとすると、還元率は0.5%です。

この際の移行手数料は無料で交換できます。

 

 

10マイルコース

10マイルコースはクレジットカードのポイントを1ポイント10マイルに交換できるコースです。

この際の還元率は1%になり、5マイルコースよりも有利になりますが、移行手数料がかかります。

移行手数料は5,000円(税抜き)です。

 

 

 

どちらのコースがお得に交換できるのか?

無料と有料の交換方法があるANAカード。

どちらがお得に交換できるのでしょうか?

 

結論を言うと、ANAカードで決済した金額によってどちらのコースが良いか変わってくると思います。

 

簡単に計算してみます。

 

 

ANAカードで10万円決済した場合

例えばあなたがANA一般カードで10万円決済したとします。

この場合、1,000円で1ポイント貯まることとなります。

つまり、10万円で100ポイントたまります。

 

5マイルコースでマイルに交換した場合、500マイル貯まります。

一方、10マイルコースでマイルに交換した場合、1,000マイル貯まります。

10マイルコースは5,000円の手数料がかかりますので、

 

5マイルコース500マイル(手数料無料)

10マイルコース 1000マイル(手数料5,000円)

 

の比較となります。

 

ここで大事なのが1マイルの価値です。

よく言われるのが、

 

1マイル2円の価値

 

があると言われます。
(これはマイルを交換する対象によって変わってきます)

500マイル分の差だと、コースの差で500マイル×2円=1000円分の差しかないので、この場合は5マイルコースで交換したほうがいいでしょう。

 

 

ANAカードで100万円決済した場合

ANAカードで100万円決済した場合、1,000ポイント獲得することになります。

5マイルコースでマイルに交換した場合、5,000マイル貯まります。

10マイルコースで交換した場合、10,000マイル貯まります。

 

5マイルコース5,000マイル(手数料無料)

10マイルコース 10,000マイル(手数料5,000円)

 

の比較となりますが、コースの差で5000マイル×2円=10,000円分の差があります。

この場合は5,000円払ってでも10マイルコースで交換したほうがいいと思います。

 

このようにANAカードでの決済金額でどちらのコースがお得なのか変わってきますので、皆さんがカードで購入した金額を確かめながら検討してください。

 

 

 

 

 

ANAカードをお得に申し込む方法

さて、あなたが初めてANAカードを保有するためには、ANAカードを申し込む必要があります。

ANAカードは普通にホームページから申し込んでも入会特典としてマイルを獲得できます。
(カードの種類によってもらえるマイル数が異なります。)

 

しかし、入会時にこれ以上のマイルを獲得する方法があります。

それは、

 

マイ友プログラム

 

での申し込みです。

 

 

 

マイ友プログラムからの申し込み

私がお勧めするのがこの申し込み方法です。

 

’’マイ友プログラム’’という方法です!!

 

マイ友プログラムとは、ANAマイレージクラブ会員の人からの紹介でANAカードに入会すると、紹介者と入会者にマイルがプレゼントされるプログラムです。

申し込みするカードによってもらえるマイル数が異なってきます。

 

 

ANAカードだと、最低500マイル、最高で5500マイルももらえるのです!!

またマイ友プログラムのメリットは、もらえる対象のANAカードが幅広いこともあります。

 

>>ANAカード対象一覧表はこちら<<

 

これだ多くのカードが対象であれば、自分が欲しいカードがヒットするはずです!

なお、私のおすすめANAカードは’’ANA VISAワイドゴールドカードです。

 

 

 

マイ友プログラムからの入会方法

マイ友プログラムからの入会は、とっても簡単です。

 

 

入会ページにアクセスする

紹介者番号と紹介者名を記入する

申込者の氏名と生年月日を記入する

カードの入会に進む

 

これだけです!

とっても簡単ですね!

 

それでは手順を説明していきたいと思います。

 

 

1.マイ友プログラム入会画面にアクセスする

下記のリンクより入会ページにアクセスしてください。

 

 

 

 

 

2.紹介者番号と氏名を記入する

紹介者性:アメミヤ

紹介者名:サトシ

紹介者番号:00061429

 

を該当箇所に記入してください。

 

 

3.申込者の氏名と生年月日を記入する

該当箇所にあなたの氏名と生年月日を記入してください。

 

 

 

 

これでマイ友プログラムの登録は完了です!

 

 

ポイントサイト経由でカードを申し込むとさらにお得に!!

一部のANAカードでは、マイ友プログラムに加えポイントサイト経由で申し込むと、さらにマイルを獲得することができます。

対象のポイントサイトや、還元率は期間やタイミングによって異なりますが、概ね

 

ANAJCB
ANAVISA
ANAアメックス

 

はポイントサイトに掲載されていることが多いです。

 

どのカードがどこのポイントサイトに掲載されているか?

これを確認するためには、「どこ得?」というサイトを利用してください。

このサイトで調べたい案件を検索すると、掲載されているポイントサイトと円にした時の価格が掲示されます。

非常に使いやすいサイトになっていますので、ぜひ利用してみてください。

 

どこ得?について詳細な記事を書いていますので、是非ご覧ください。

一番儲かるポイントサイトはどれだ!?「どこ得」はポイントサイト比較でベストな検索サイト!

 

 

 

マイ友プログラムやポイントサイトを利用する時の注意点

このようにマイ友プログラムやポイントサイトを利用すると、マイルを獲得する大きなメリットとなりますが、注意点もあります。

 

 

1.マイ友プログラムで登録できるANAカードは1枚限り

ANAカードは違う種類であれば一人で複数枚保有できる優れものですが、マイ友プログラムで登録できるのは

 

お一人様1枚限り

 

となっていますのでご注意ください。

 

 

2.マイ友プログラムはすでにANAカードを保有している方は利用できない

入会者が過去に同じ種類のカード会員であった場合は、対象外になります。

ただし、退会後6カ月を経過している場合かつ過去に本プログラムでのマイルを受け取っていない場合は対象になります。

 

 

3.マイ友プログラムは自分自身を紹介できない

マイ友プログラムで自分を紹介することはできません。

つまり、自己アフィリ的なことはできないということです。

 

 

4.ポイントサイトを利用する場合は、先にマイ友プログラムに登録してから

ポイントサイトに掲載されているANAカードを申し込む場合、先にマイ友プログラムを登録してください。

これをしないと、マイ友プログラムのマイルをもらうことができません!!

必ずこの順番を守ってください。

 

 

 

ルールと順番を守れば、マイルを獲得できる大きなチャンスとなります!

ANAカードを申し込みたいと思っている方は是非、このチャンスを利用してみてください!!

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ソラチカルートの閉鎖の影響は?最高81%の新しい交換ルートを徹底解説!!

  • 【2020年3月更新】 ANA TOKYUカードはポイントサイト経由で申し込む!?紹介キャンペーンで30,000マイル以上獲得!ソラチカルートより便利か徹底攻略

  • 【2020年3月更新】ANA VISAプラチナプレミアムはポイントサイト経由が一番お得?カード利用で還元率が衝撃の1.9%!

  • 【2020年3月更新】 SPGアメックスはポイントサイト以外で!入会キャンペーンやポイント購入で89,000マイル獲得

  • SPGアメックスはホテル利用で20,000ポイント獲得キャンペーン実施中!

  • 【2020年3月更新】アメックスグリーンカードの一番お得な入会はポイントサイトではなく紹介キャンペーン!年会費を考えたメリットは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。