1. TOP
  2. クレジットカードについて
  3. ソラチカルートが閉鎖になりました。代替ルートでも高レートでANAマイルに交換可能!

ソラチカルートが閉鎖になりました。代替ルートでも高レートでANAマイルに交換可能!

ソラチカルートというのをご存知でしょうか?

今までポイントサイトのポイントを高レートでANAマイルに交換するためのルートとしての愛称で人気がありましたが、20183月末をもってこのルートが廃止となりました。

 

「えっ!?じゃあせっかく貯めたポイントも無駄になるんじゃ・・・」

 

そう思った方もいるでしょうが、安心してください。

ここではソラチカルートに代わる新しい交換ルートを解説して行きます。

 

 

 

まずは閉鎖になったソラチカルートを解説

閉鎖になったソラチカルートはポイントサイトのポイントを高レートでANAマイルに交換できるものでした。

今となってはこのルートは利用できませんが、一体どんなルートだったのか気になりますよね!?

 

まずはおさらいとして、私も利用していたソラチカルートを解説したいと思います。

 

 

 

ソラチカルートの基本はソラチカカードの申し込みから

ソラチカルートで必要なもの、それはソラチカカードです。

正式名称はANA ToMe CARD PASMO JCBカード」です。

年会費は2,000円かかりますが、その効果は絶大です。

ソラチカカードを普通に決済として利用しても、1%のポイント還元にしかならずあまり役に立ちません。

 

このカードのもっとも威力を発揮するときは、メトロポイントをANAマイルに交換する際に0.9倍という高レートで交換できるということです。

つまり10,000メトロポイントを所有して入れば、9,000マイルに交換できたというわけです。

これは他のToMeカードではなし得ないことで、ソラチカカードのみの特権となります。

 

皆さんもANAマイルを貯めるために、必ずソラチカカードを所有してください!

ソラチカカードを申し込む時は、以下の記事より行ってください。
そうすればボーナスマイルとして500マイル貯まります!

ANAカードはキャンペーンで申し込むのがおすすめ!申し込み方法を解説します。

 

 

ソラチカカードが入会キャンペーン中!申し込みで58,000マイル以上獲得のチャンス!!【2019年10月更新】

 

 

 

 

 

今までのソラチカルートは0.9倍の高レート

以前のソラチカルートは0.9倍という高還元率での交換でしたが、どのようなルートだったのか見てみましょう。

ここでは私がオススメしているポイントサイトである、ちょびリッチを例に挙げて解説します。

 

ちょびリッチを1,000ポイント持っていたとして、ANAマイルが一体何マイルになるかを算出してみたいと思います。

 

ちょびリッチ→  PeXメトロポイントANAマイル
1,000pt   1,000pt  1,000pt   800マイル

 

ちょびリッチからメトロポイントまでは実質価値は1倍、メトロポイントからANAマイルへの交換が0.9倍となっています。

これが今までの最高倍率のANAマイル交換ルートでした。

 

 

 

ソラチカルートのどこが閉鎖になったのか?

今回の改正でどこが交換できなくなったのでしょうか。

上の例でいうと、PeXメトロポイントが閉鎖となりました。

メトロポイントからANAマイルへの0.9倍の交換は残っていますが、そこに至るまでのルートがなくなってしまったのです・・・

 

これではせっかく貯めたポイントも低い還元率となってしまうのでしょうか。

 

実際にちょびリッチから直接ANAマイルに交換することはできますが、1,000pt250マイルにしかなりません。

圧倒的な差が生まれてしまうのです。

 

 

 

 

 

ANAマイル交換への新しいルートを解説

「これでANAマイルを大量に貯める日々も終わりかあ〜」

 

 

 

そう思っていた矢先、新しい交換ルートが生まれました。

それは今までの0.9倍から若干下がるものの、それでも高還元率をキープしたルートでした。

 

 

 

ソラチカカードはそれでも必要

さて新しい交換ルートですが、基本的に今までのフローは変わりません。

 

ポイントサイトのポイント中継ポイントメトロポイントANAマイル

 

という流れは一緒なのですが、経由する中継ポイントが異なります。

ということは、ソラチカカードは現在でも必要になるというわけです。

メトロポイントからANAマイルへの0.9倍は変わらないのです。

 

なので、今所有しているソラチカカードは絶対手放さないでください。

そしてソラチカカードを持っていない人は、急いで申し込むようにしてください。

 

 

 

新しいソラチカルートはLINEポイント経由で0.77倍

それでは新しいルートの解説です。
新しいルートは、LINEポイントを経由するルートです。

 

 

上の図を見てわかる通り、LINEポイントからメトロポイントに帰る際に0.9倍、メトロポイントからANAマイルに帰る際に0.9倍の交換となるので、合計0.81倍の交換レートとなります。

ただし、ポイントサイトのポイントからLINEポイントまでのルートがちょっと複雑です。

 

結論として、以下のルートとなります。

 

 

LINEポイントにたどり着くまで、PeXと三井住友ポイントとGポイントを経由する必要があります。

ちょっとめんどくさいですが、これで0.77倍でANAマイルに交換することができます。

 

 

 

ANA VISAカードも準備する必要あり

ここで途中経由ポイントとして、三井住友ポイントが出てきました。

これはVISAカードを利用したことで得られるポイントで、ANA VISAカードももちろん含まれます。

 

私がオススメしていたANA VISAワイドゴールドカードも対象になりますので、ANA VISAワイドゴールドカードを所有し、ポイントを貯めてこのルートでANAマイルまで交換してください。

ただし、ボーナスで得られる三井住友ポイントしかこのレートで交換できませんので、通常ポイントはそのままANAマイルに交換してくださいね。

 

詳しくは以下の記事をご覧になってください。

ANA VISA ワイドゴールドカードでマイル付与率1.4%以上!陸マイラーは必携です

 

 

 

 

 

まとめ

ソラチカルートの閉鎖によって、今まで利用できていた0.9倍のルートは使えなくなりました。

代わりのルートはLINEポイントを経由するルートで、その倍率は0.77倍です。

 

必須となるのはPeXGポイント、三井住友VISAカード(ANA VISAカード)、ソラチカ、LINEです。

PeXGポイントは経由サイトとして、以下より登録してください。

無料で登録できます。

 

PeX

Gポイント

 

経由が多くて大変ですが、このルートでどんどんポイントをANAマイルに交換しましょう!

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 楽天ゴールドカードはポイントサイト経由と入会キャンペーンが必須!メリット・デメリットや他カードとの比較も解説

  • 【2020年3月更新】アメックスグリーンカードの一番お得な入会はポイントサイトではなく紹介キャンペーン!年会費を考えたメリットは?

  • SPGアメックスはホテル利用で20,000ポイント獲得キャンペーン実施中!

  • アメックススカイトラベラーカードのメリットはマイル交換先!SPGアメックスと比較してみた

  • 【2020年3月更新】デルタアメックスカードはポイントサイトから申し込みではなく限定紹介キャンペーンから入会を!デルタ航空利用の人には驚異の1枚

  • ソラチカルートがついに廃止!代替はTOKYUルートで高いANAマイル交換可能【2020年保存版】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。