1. TOP
  2. クレジットカードについて
  3. 【2020年3月更新】デルタアメックスカードはポイントサイトから申し込みではなく限定紹介キャンペーンから入会を!デルタ航空利用の人には驚異の1枚

【2020年3月更新】デルタアメックスカードはポイントサイトから申し込みではなく限定紹介キャンペーンから入会を!デルタ航空利用の人には驚異の1枚

アメリカの航空会社のデルタ航空とアメックスが提携して発行しているスタンダードカードに、「デルタスカイマイルアメリカンエキスプレスカード」があります。

略して、デルタアメックスと呼ばれています。

デルタ航空は日本の国内線には便がありませんが、6大陸すべてに就航する数少ない航空会社の一つです。

海外旅行時には使用する機会の多い航空会社になっています。

上級会員であるシルバーメダリオンの資格を初年度は無条件、2年目以降もカード利用で得られるのが魅力的です。

デルタ航空の航空券購入時は1米ドルにつき7マイル獲得、優先搭乗、優先チェックイン、無料アップグレード等の特典を享受できます。多彩なボーナスマイルもあります。

デルタスカイマイルアメックスのお得な入会方法、メリットデメリット、使い方についてまとめます。

 

 

 

Contents

デルタアメックスカードのお得な入会方法

デルタアメックスカードは入会するとボーナスマイルが手に入りますが、普通に申し込むよりも多くのボーナスマイルを獲得できる方法があります。

その方法は非常に簡単であっという間にできますので、このカードを手に入れようと思っている人はぜひやってみてください!

 

 

 

本サイトからの申し込みでボーナスマイル獲得のチャンス

本サイトからの申し込みで通常よりも多くマイルが手に入ります。

申し込み方法は以下のボタンをクリックするだけです。

ボタンをクリックすると、特別なメールが送付されますので、本文に書かれているURLをクリックすると入会ページに進みますので申し込みを行ってください。

 

 

[surfingsurfing_su_button_ex url=”https://mairutameru.com/question” target=”blank” background=”#c51a14″ size=”9″ center=”yes”]アメックスカード紹介問い合わせはこちら[/surfing_su_button_ex]

 

 

合計最大10,500ボーナスマイル獲得できる

本サイトから入会すると合計で10,500マイル獲得できます。

通常の申し込みだと5,000マイルなので、5,500マイル多く獲得できることになります。

本サイト経由するだけで5,500マイル多く獲得できるので、利用しない手はないと思います。

以下に10,500マイルの内訳を説明します。

 

入会で5,000マイル獲得

入会するだけで5,000マイルもらえます。

入会以外特にすることはありません。

 

25万円カード利用で3,000マイル獲得

入会後3ヶ月以内に25万円カード利用すると、3,000マイル獲得できます。

1ヶ月あたり8万〜9万といったところでしょうか。

 

通常利用で2,500マイル獲得

25万円利用すると通常マイルとして2,500マイル手に入ります。

これで合計10,500マイルになります。

 

 

 

 

 

 

 

デルタスカイマイルアメックスカードのメリット・デメリットから持つべきかを考える

デルタスカイマイルアメックスカードにもメリット、デメリットがあります。

またカードの特性から、持つとメリットがある人がいます。

一体どのような人が持てば良いのでしょうか?

 

 

 

デルタスカイマイルアメックスカードのメリット

デルタスカイマイルアメックスカードには以下のようなメリットがあります。

 

  • マイルの有効期限が無期限
  • 特典航空券が利用しやすい
  • 特典航空券が家族・親族以外でも利用可能
  • 年間マイル移行上限無し
  • 特典航空券の利用制限期間無し
  • 特典航空券の燃油サーチャージ免除
  • 国内で陸マイルが貯めやすい

 

それでは一つずつ解説していきます。

 

マイル有効期限なし

これがスカイマイル最大のメリット(特徴)と言えます。

例えば日本国内でシェアが大きいANAやJALのマイルは有効期限が36ヶ月(3年)となり、積算が古いマイルから36ヶ月で失効していきます。

36ヶ月は3年なので、長いように感じますが意外と短いです。

それと、マイルで特典航空券を取ろうと思っても、なかなか思ったように取れませんので、結局取れずじまいで有効期限が迫ってくるなんて事にもなりかねません。

有効期限が無ければいつかは取れると思いますので、確実に目的を達成する事が出来ますね。

そしてデルタ航空スカイマイルなら、特典航空券が利用しやすいという評判もあります。

 

 

特典航空券が利用しやすい

 

飛行機の座席には特典航空券の席が割り当てられていて、その席を取るのは早い者勝ちとなります。

特典航空券の座席予約は約1年前から開始され、強者だと予約開始と同時に電話を掛けたりしますので、人気路線は1年前から予約が埋まっていたりします。

 

ANAやJALの特典航空券座席の割り当ては、1便あたり5席程度となりますが、デルタ航空だともっと多く割り当てられていますので、予約を取れる確率が高くなります。
マイルは使えなかったら全然意味がありませんので、その点ではスカイマイルの方が使いやすいと言えますね。

特典航空券が家族・親族以外でも利用可能

これもスカイマイルのかなり大きなメリットです。

ANAやJALマイルが使える範囲は、「配偶者および会員の2親等以内の家族、義兄弟姉妹」となっています。

つまり近い身内にしか使う事が出来ないという事ですが、デルタ航空スカイマイルはこのような「使える範囲の制限」が無く、友達、恋人など誰にでも自由に自分のマイルを使う事が出来ます。

 

  • ANA・JAL→家族旅行
  • スカイマイル→家族旅行、恋人とデート、友達と旅行

 

このようにスカイマイルは用途が広がります。

特に制限が無いので、例えば小規模な会社の社長なら社員旅行で使う事も可能ですね。

年間マイル移行上限無し

クレジットカードのポイントをマイルに移行する際は、基本的に年間の移行マイル数に制限がある事がほとんどです。

クレジットカードによりますが、ANAやJALだと年間で最大15万マイルくらいになっていますが、デルタスカイマイルは特に上限がありません。

年間で最大15万マイルなら、ほとんどの人にとっては全然問題の無い数字だと思いますのでデメリットになる事は無いでしょうが、問題はマイル数ではなくて、上限を設けていないデルタ航空のサービス精神が素晴らしいと個人的には思います。

特典航空券の利用制限期間無し

基本的に大型連休などの繁忙期は利用制限期間となっていて、特典航空券を使う事は出来なくなっていたりします。

例えば人気路線のハワイだと、JALは日本発の便は12月28~30日までは利用不可で、ハワイ発は1月1~3日、5月4~5日は利用不可となっています。

しかし、デルタ航空のスカイマイルはこのような利用制限がありませんので、大型連休などの繁忙期でも特典航空券を利用する事が出来ます。

JALも365日の中で8日くらいしか制限日はありませんのでそれほど問題は無いと思いますが、年間マイル移行上限と同じで、「制限日が多い少ない」の問題ではなくて、特に制限を設けていないデルタ航空のサービス精神が素晴らしいと個人的には思います。

 

特典航空券の燃油サーチャージが無料

燃油サーチャージとは、昨今の原油価格の高騰により航空会社が航空券代だけで燃料代をまかないきれなくなり、高騰分を乗客から徴収する料金の事です。

原油価格が落ち着けば廃止されますが、なかなか落ち着きませんし、高い水準を維持したままなので、しばらくは廃止はなさそうです。

デルタ航空の場合、燃油サーチャージが無料となっていますが、その分特典航空券の必要マイル数が多い設定になっていますので、この部分は実はあまりお得感が無いです。

しかし、マイルではなくて現金で持ち出しがあるのは気分的に良くないので無料と言うのは嬉しいですね。

それと、これからもっと原油価格が高騰する可能性もありますので、そうなった時はお得感が大きくなると思います。

 

 

デルタスカイマイルアメックスカードのデメリット

デルタアメックスのデメリットには以下が挙げられます。

 

  • スカイマイルの交換先が限定されている
  • 電子マネーのチャージでポイントが付かない
  • ETCカードに発行手数料がかかる

 

電子マネーへのチャージでことごとくポイントが貯まらないのがデメリットです。

楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCAにはチャージできますが、ポイント付与の対象外です。

nanaco、WAON、PASMOにはチャージそのものができません。

電子マネーにチャージしたい場合は、サブカードとして対応のクレジットカードを使いましょう。

 

 

 

デルタスカイマイルアメックスカードを持つべきか?

さて、メリットデメリットを考えた上でデルタアメックスカードを持つべきか考えてみます。

まず、このカードを利用する人はデルタ航空を頻繁に使う人に限られます。

デルタ航空を利用しない人には、このカードの有効性を感じられないのはわかると思います。

 

デルタ航空を頻繁に利用する人はデルタアメックスカードを持った方が絶対お得ですが、私が持つならワンランク上のデルタアメックスゴールドカードにします。

 

 

 

デルタアメックスゴールドカードは年会費26,000円と高額です。

しかし高額な年会費に見合ったサービスが豊富なのです。

一番大きいのは、このゴールドカードを持つだけでゴールドメダリオンの資格が得られることです。

ゴールドメダリオンの資格が与えられると、チェックインが専用レーンになったり、機内への搭乗が優先されたり、荷物のピックアップもすぐに受け取れるようになったりといわゆるビジネスクラス並みのサービスを受けることができます。

 

デルタアメックスゴールドカードのお得なサービスに関しては、以下の記事に書いていますので参考にしてください。

デルタアメックスゴールドは紹介キャンペーンで最大22,000マイル獲得【2020年2月更新】上級会員資格が手に入る!

 

 

[surfingsurfing_su_button_ex url=”https://mairutameru.com/question” target=”blank” background=”#c51a14″ size=”9″ center=”yes”]アメックスカード紹介問い合わせはこちら[/surfing_su_button_ex]  

 

 

デルタスカイマイルアメックスカードの基本情報・特典

デルタスカイマイルアメックスカードの年会費や付帯保険がどのようになっており、どのような特典やボーナスがあるのでしょうか?

 

 

 

デルタスカイマイルアメックスカードの基本情報

デルタスカイマイルアメックスカードの基本情報を説明します。

 

年会費

年会費は本人会員が12,960円(税込)で、家族カードの年会費は1名が無料、2人目以降は6,480円(税込)です。

ETCカードの年会費は無料ですが、初回の発行手数料として918円(税込)を取られます。

 

付帯保険

デルタアメックスでは以下の保険が付帯されます。

 

1.海外旅行傷害保険(旅行代金をカードで決済すると付帯)

・傷害死亡、後遺障害:5,000万円

・傷害、疾病治療費用:100万円

・賠償責任:3,000万円

・携行品損害:1旅行30万円(免責3,000円、年間限度100万円)

・救援者費用:200万円

 

2.国内旅行傷害保険(旅行代金をカードで決済すると付帯)

・傷害死亡、後遺障害:5,000万円

 

3.ショッピング保険

カードで購入した商品の破損や盗難などの損害が購入日から90日以内であれば、年間最高500万円まで補償されます(1事故に付き1万円が免責)。

 

4.リターン・プロテクション

カードで購入した商品の返品を店舗が受付けない場合、購入日から90日以内であれば、アメックスが購入金額を払戻してくれます。

未使用、無損傷が条件で、1商品に付き最高3万円、年間最高15万円までです。

 

 

 

デルタスカイマイルアメックスカードの特典

デルタスカイマイルアメックスカードの特典を解説します。

 

スカイマイルの付与

カードを利用すると、100円につき1マイルのデルタスカイマイルが付与されます(マイル付与率1%)。

デルタ航空グループでの利用では、マイル付与率が倍の2%になります。

スカイマイルの有効期限は無期限のため、期限を気にすることなく、安心して貯められます。

 

ネットモールでポイントアップ

 

 

デルタアメックスでネットモールの「スカイマイルショッピング」を利用すると、各店舗のマイルが通常マイルに加算されます。

スカイマイルショッピングには楽天市場やYahoo!ショッピング、ベルメゾンネットなど、多くの通販サイトが出店しています。

 

ボーナスマイルのプレゼント

デルタアメックスは入会時にもれなく5,000マイルがプレゼントされます。

また、毎年カードを更新すると、2,000マイルが付与されます。

1マイルの価値を2円と換算すると4,000円相当になり、年会費の約1/3に当たります。

さらに、入会時だけ、「ファーストフライトボーナスマイル」のサービスがあります。入会後6ヶ月以内にデルタ航空の航空券を購入してフライトすると、通常のフライトマイルに加えて、以下のボーナスマイルがプレゼントされます。

・エコノミークラスの利用:10,000マイル

・ビジネスクラスの利用:25,000マイル

 

上級会員資格のシルバーメダリオンの付与

デルタアメックスを所有すると、初年度は無条件で「シルバーメダリオン」の資格が与えられます。

翌年度以降は、年100万円以上のカードショッピングの利用で資格が付与されます。

シルバーメダリオンの特典には以下などがあります。

 

1.フライトマイルがアップ

デルタ航空の利用で貯まるマイルは飛行距離ではなく、購入航空券の運賃が基準になります。

通常は1米ドル当たり5マイルの付与ですが、シルバーメダリオンは7マイルが得られます。

デルタ航空の利用で貯まる通常の2マイルに加えて、9マイルが貯まることになります。

 

2.優先チェックイン

搭乗クラスがエコノミークラスであっても、待ち時間のほとんどないビジネスクラスのチェックインカウンターを利用できます。

 

3.デルタ・コンフォートプラスの利用

 

出発の24時間前に空席があれば、足元が広くリクライニング角度も大きい「デルタ・コンフォートプラス」の座席に無料でアップグレードできます。

 

スカイマイルの利用方法

貯まったスカイマイルはデルタ航空を始め、スカイチームに加盟している航空会社の特典航空券と交換できます。

その他、LCCの「バニラエア」の特典航空券にはANAよりも少ないマイル数で交換できます。

 

 

グローバルホットライン

海外旅行時に、レストランやホテルなどの予約、医療機関の紹介、緊急時の対応などを日本語でサポートされる「グローバル・ホットライン」のサービスを受けられます。

24時間受付けており、通話料が無料になっています。

 

アメックスの空港ラウンジを利用

アメックスが提供する国内28空港39ヶ所のラウンジをカード会員だけではなく、同伴者も1名まで無料で利用できます。

 

手荷物無料宅配サービス

海外旅行の帰国時に空港から自宅まで、スーツケース1個を無料で配送してもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

デルタアメックスはマイルの有効期限がなく、デルタ航空を頻繁に利用する人であれば積極的に持つべきカードです。

ただ、このカードを持つよりワンランク上のデルタアメックスゴールドカードを持った方が優先チェックイン、優先搭乗、荷物のピックアップが早いなどビジネスクラス並みの特典が味わえます。

年会費は26,000円と高額ですが、それに見合った体験ができると思います!

 

 

[surfingsurfing_su_button_ex url=”https://mairutameru.com/question” target=”blank” background=”#c51a14″ size=”9″ center=”yes”]アメックスカード紹介問い合わせはこちら[/surfing_su_button_ex]

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ANAカード申し込みはマイ友プログラムの紹介制度を利用!ちょっとした手間でマイル獲得!

  • ANAアメックスゴールドの凄すぎるマイル付与率の高さは空マイラーにオススメ!!

  • 【2020年3月更新】dカードゴールドはポイントサイトと入会キャンペーンで最大37,500円分のポイントバックあり!

  • ANA VISAプラチナプレミアムとANAアメックスプレミアムの9つの比較!プラチナカードならではの特典がたくさん

  • 楽天カードでnanacoにチャージ!税金を支払い楽天ポイントを獲得する方法

  • ソラチカカードが入会キャンペーン中!申し込みで58,000マイル以上獲得のチャンス!!【2019年10月更新】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。