1. TOP
  2. 旅行体験記
  3. ESTA(エスタ)はいつまでに申請?料金はいくら?申請方法を解説

ESTA(エスタ)はいつまでに申請?料金はいくら?申請方法を解説

 2019/05/08 旅行体験記  

アメリカ合州国に初めて行く人は、ESTAって何?ってなるかもしれません。

私も初めてアメリカに行った時はグアムに行きましたが、ESTA申請に戸惑いました。

でも申請方法を知っていればスムーズに申請できると思います。

 

ここではESTAの申請方法から注意点までを解説していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク
 





 

 

 

ESTA(エスタ)とは?申請方法を解説

ESTA(エスタ)とはアメリカ(グアム、ハワイも含む)にビザ無しで90日以内の旅行の際に必要になる「電子渡航認証システム」です。

テロ防止の観点から、2009年1月12日より当時のオバマ大統領が導入したものです。

ESTAはインターネットで申請でき、入力フォームにパスポート番号、住所や会社、メールアドレスなどを入れて申請して完了です。

 

 

 

ESTAとは?

 

 

アメリカ合衆国はテロ防止などの観点から、日本を含む国の短期滞在のビザ(査証)を免除しているすべての国々を対象に、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)の申請を義務化しています。

これは、ビザが免除されている人の情報を出発前にインターネットで収集し、各渡航者についてビザなしで訪米する条件を満たしているか、保安上のリスクをもたらさないかなどをチェックするものです。

我が国のように、アメリカが短期滞在のビザを免除している国々の国民は、観光やビジネスなど90日以内の短期の滞在が目的の場合、ビザなしでアメリカを訪問できます。

そのような場合でも、事前にESTAで申請を行い、認証を受けることが義務づけられています。

単にアメリカで飛行機などを乗り継ぎする場合も同様です。

アメリカ政府によれば、事前にESTAの認証を受けていないと、アメリカへの入国や飛行機への搭乗を拒否されてしまいますのでご注意ください。

なお、既に、留学ビザや就労ビザなど、アメリカのビザを持っている人は、エスタに申請する必要はありません。

 

 

 

ESTAはいつまでに申請すればいい?

アメリカ政府は、飛行機などに乗る3日前(72時間前)までの申請を勧めています。

ただし申請自体は具体的な渡航スケジュールが決まっていなくてもできますので、アメリカを訪れる予定がある人は、それよりも余裕をもって申請しておくことをお勧めします。

 

 

 

ESTAにかかる費用は?

本物のESTAの公式サイトのURLはhttps://esta.cbp.dhs.gov/esta/で、手数料は$14.00ドル(約1,400円)しかかかりません。

ただし現在はESTA申請がよくわからないという人のためのESTA申請代行サイトなるものが、上記の金額より多くとって代理申請していますが、トラブルも発生しているようです。

「.gov」がついていないサイトは全く関係のない第三者の業者が運営しているESTA申請代行サイトです。

はっきりいうとそんなよくわからない申請代行サイトに依頼しなくても、この記事を読めば自分で申請はできますので怪しいサイトには手を出さないようにしましょう。

 

 

 

ESTA申請に必要なもの

ESTA申請に必要なものは以下のものです。

  • パスポート
  • クレジットカード
  • 旅行先の宿泊ホテルの連絡先等のメモ

 

パスポートと、旅行先の宿泊ホテル情報はESTA申請時に記載する項目がありますので必要です。

クレジットカードは申請費用$14を支払うときに必要になります。

 

 

 

ESTA公式サイトでの申請の流れ

ここからはESTA申請の手順について説明しますが、うまくいけば10分程度でできます。

手順は以下の通りです。

  1. ESTAのオンラインサイトを開く
  2. 日本語での表示に変更する
  3. 免責事項に同意する
  4. 申請者情報を入力する
  5. 渡航情報を入力する
  6. 適格性に関する質問に回答する
  7. 申請内容を確認する
  8. 支払い(費用14ドル/クレジットカードでの支払い)を行う
  9. 申請の申込が完了

住所の書き方などが日本と違って戸惑いますが日本語表示にもできるので、ゆっくりと確認しながら進めれば簡単です。誰でもできます。

 

 

スポンサードリンク
 





 

 

 

 

ESTAオンライン申請サイトを開く

ESTAオンラインの公式申請サイトはこちらです。

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

 

言語を日本語に設定する

右上の項目から、日本語に設定しましょう。

すべて日本語表記に切り替わります。

 

 

次に「新規の申請」という青いボタンをクリック。

 

 

「個人による申請」と「グループによる申請」があるのでどちらかを選びます。
「グループによる申請」を選んだ場合は、複数人分まとめて申請できますが、今回は「個人による申請」で進めていきます。

セキュリティに関する通告が出てきたら、確認&続行をクリックします。

 

 

 

免責事項の同意

免責事項が表示されますので「はい」をチェックします。

 

次に「The Travel Promotion Act of 2009」という事項にも「はい」をチェックして次へをクリックします。

 

申請者情報の入力

申請者情報を入力します。

大事なのはここからは全て英語で書かなければいけないということです。

赤字の記入例を参考にして、ご自身の情報を記入してください。

 

 

 

渡航情報の入力

グレー部分は書かなくてもOKですが、念のため宿泊先のホテルの連絡先を書いておきましょう。

 

 

米国内および米国以外の緊急連絡先情報についてですが、信頼できる自分以外の連絡先を書いておきましょう。

 

 

親族が無難です。

私は父の名前を書きました。

 

適格性についての質問

一応全部読んで回答してください。

要約すると「アメリカに来て悪いことしようとはしてないよね?」という質問です。普通の人なら、全部いいえです。

 

 

本人が申請を行っている場合は、「申請内容に関する証明」のみチェックボックスにチェックを入れてください。

本人以外の代理の方がやっている場合は「第三者による代理申請の場合に限定」にもチェックを入れます。

 

申請内容の確認

全ての申請内容を確認して問題がなければ、最後にもう一度パスポート番号を入力。

 

 

記入事項に間違いがなければ「次へ」。

 

支払い

申請状況が表示されています。今すぐ支払うボタンでお金を払いましょう。

必ずUS $14.00(=約1,400円)になっていることを確認してください。

支払い方法の選択でクレジットカードを選択し、続行をクリック

クレジットカード情報を記入、こちらも英語で記入してください。申請者情報入力で使った住所を使ってくださいね。

 

料金は$14.00かかります。

続行を押すと、確認画面のあとに支払い手続きを実行します。

 

申請完了

支払いが終わると申請完了です。

ちなみに、「認証は保留中です」と表示されていますが認証が承認されてもメール等は来ないので、3日後くらいにもう一度サイトを訪れて、申請状況を確認してみましょう。

 

申請状況・認証状況の確認は、トップページからできます

ESTAトップページはこちら

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html

 

「既存の申請情報を確認」ボタンを押すと下の画面が表示されます。パスポート番号と生年月日、名前を入力してください。

 

 

スポンサードリンク
 





 

 

 

 

ESTA申請時の注意点

ESTA申請の手順は以上となりますが、ここからは申請における注意事項を説明します。

アメリカに旅行するときに「あ、ESTAの申請忘れた!!」とならないように注意したいところですね。

 

 

 

有効期限は2年間

一度申請したら2年間は有効です。

つまり、同じパスポートであれば2年以内にアメリカに旅行に行く場合は再度ESTAの申請はしなくてよいということになります。

ただし、パスポートの期限が切れた時点で無効になるので注意してくださいね。

パスポートの更新を行ったら、ESTAの期限内でも再度申請をしてください。

 

 

 

渡航の3日前までに申請がおすすめ

3日前くらいまでに申請しておくように言われると思いますが、あくまで目安です。

私の場合は申請翌日に承認されました。

ギリギリになると気持ち的に焦ると思いますし、正直面倒くさいので先に済ませておくことをおすすめします。

 

 

 

承認メールは来ないので自分で確認する

トラブルが起きた時や申請状況を確認するためには申請番号が必要です。

メモし忘れてわからなくなった場合は、確認しましょう。

ESTA申請公式サイト

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html

で確認可能です。

 

 

 

 

 

まとめ

アメリカ旅行に行く際はインターネットでESTAの申請が必要です。

申請完了までに3日間かかるとも言われているので、早めの申請が必要です。

申請は英語で記入する必要がありますので、住所や会社名などは英語表記の書き方を理解しておきましょう。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • パスポートを失くした場合の対処法と再発行の方法を解説【東京編】

  • シェラトングランデ東京ベイ宿泊記 SPGアメックスで無料宿泊【子連れにオススメ】

  • アメックスゴールドでラウンジ利用!羽田空港のPOWER LOUNGE NORTHを無料で使ってみた

  • ハワイのヒルトン・ハワイアンビレッジに子連れで宿泊!ハワイホノルル旅行記

  • ヒルトンホテルでオススメはハワイ!お得に泊まる方法も紹介!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。