1. TOP
  2. クレジットカードについて
  3. JCBカード
  4. 【2020年3月更新】ANA JCBカードプレミアムはポイントサイトと入会キャンペーンで107,000マイル以上獲得!最大級をメリットを体感

【2020年3月更新】ANA JCBカードプレミアムはポイントサイトと入会キャンペーンで107,000マイル以上獲得!最大級をメリットを体感

 2019/08/26 JCBカード クレジットカードについて  

航空会社のANAと国際ブランドのJCBが提携したクレジットカードに、「ANA JCBカードプレミアム」があります。

ANAプレミアムカードの特典とJCBのプラチナカードの特典が合わさった最高グレードのカードです。

実はこのカードをお得に申し込む方法が存在します。

この方法を使えば、申し込むだけでボーナスマイルが手に入ります。

この記事ではANA JCBカードプレミアムのお得な入会方法、メリットデメリットなどを解説していきます。

 

 

 

Contents

ANA JCBカードプレミアム入会キャンペーンでマイル以上獲得する方法と手順

ANA JCB カードプレミアムは、ANAカードとJCBカードの特典が一体化したクレジットカードです。

両方の特典を兼ね備えていて、ANAをよく利用する人やANAマイルを貯めたい人やクレジットカードとしてポイントを貯めたい人に全てメリットがあります。

このメリットを利用して、ANA主催のキャンペーンとJCB主催のキャンペーンに参加すると、なんと最大70,000マイルものボーナスを得ることができます。

その手順と方法について解説します。

 

 

 

手順① マイ友プログラムに登録する(5,500マイル獲得)

ボーナスマイルをもらうためには、最初にANAが主催している「マイ友プログラム」というものに登録します。

マイ友プログラムとは、ANAカードをすでに所有している人が、持っていない人に紹介すると、お互いにボーナスマイルをもらえるという仕組みです。

 

 

ANA JCBカードプレミアムはもちろんプレミアムカードに該当しますので、マイ友プログラムを経由すると5,500マイル手に入るわけです。

これを利用するには事前登録が必要なので、以下のボタンをクリックして登録してください。

 

 

 

 

ただし注意事項があります。

マイ友プログラムはANAカードを初めて持つ人限定になります。

すでにANAカードを持っている人、ANAカードを退会した人は対象外となりますので注意してください!

 

ここを経由するだけで5,500マイル追加でもらえるので、絶対やるべきです。

登録する際には以下の手順を踏む必要があります。

 

入会ページにアクセスする

紹介者番号と紹介者名を記入する

申込者の氏名と生年月日を記入する

カードの入会に進む

 

紹介者番号と紹介者名は以下のようになります。

 

紹介者性:アメミヤ
紹介者名:サトシ
紹介者番号:00033279

 

これを入会ページに進んだ後に入力してください。

このような感じです。

 

 

 

また、ANA JCBプレミアムカードは通常入会で10,000マイル手に入るので、マイ友プログラムと合わせると15,500マイル獲得できることになります。

 

 

手順② ポイントサイトから申し込みをする(5,900マイル相当のポイント獲得)

ポイントサイトというサイトを経由して商品を購入したり、サービスに申し込むと、そのポイントサイトのポイントがもらえます。

ポイントサイトを経由するだけでポイントがもらえます。

 

そして、このポイントはANAマイルに交換できます。

ポイントサイトのポイントを貯めると、自ずとANAマイルも貯まる
ということになります。

 

その方法ですが、まずはポイントサイトに登録します。

ポイントサイトはたくさんサイトがありますが、現在ANA JCBカードプレミアムに入会して一番ポイントが貯まるサイトはポイントインカムです。

ここを経由してカードを申し込むだけで、5,900マイル相当のポイント(73,000ポイント)が貯まります。

 

ポイントインカムの登録がまだの人は以下のURLより登録を行ってください。

https://mairutameru.com/pointincome

 

ポイントサイトの特徴は以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

ANAマイルの貯め方は飛行機だけではない!ポイントサイトで貯める画期的な方法とは!?

 

ポイントサイトでより多くのマイルを手に入れる方法とは?厳選サイトを紹介します。

 

 

ポイントサイト利用時の注意事項を以下にまとめています。事前にご覧になって注意しながら申し込みを行ってください。

ポイントサイトで注意すべき点は?仕組みを理解して安全に利用する方法

 

無効判定ともオサラバ!ポイントサイトでクッキーを削除する方法を解説!!【mac版】

 

 

ちょびリッチでの手順は以下の通りです。

 

1.ポイントインカムにアクセスする

以下のリンクよりポイントインカムにアクセスしてください。

https://pointi.jp/

 

2.「ANA JCB」と検索する

ポイントインカムのホームページより、「ANA JCB」と検索してください。

 

 

 

 

3.「ANA JCBカード(ソラチカカード)」をクリックする

検索すると出てくる「ANA JCBカード(ソラチカカード)」をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

表記はソラチカカードと記載がありますが、ANA JCBカードプレミアムでもポイント獲得対象になりますのでご安心ください。

この行為を行なって、ANA JCBカードプレミアムに入会すると、5,900マイル相当のポイントが手に入ります。

 

 

 

手順③ JCB主催のキャンペーンに参加する(49,100マイル獲得)

続いてJCB主催のキャンペーンに参加します。

全ての条件を満たせば、最大で49,100マイルを獲得できるチャンスです!

 

カード入会してキャンペーン登録する

 

今回がJCB主催として最後のキャンペーン期間です。

4月30日までとなっていますので、検討している方はお早めに申し込みをしてください。

23400マイル獲得するためには、カード入会した後にキャンペーンに登録する必要があります。

カード入会した方は、以下のサイトよりキャンペーン登録をしてください。

 

>>ANA JCBカードキャンペーン登録はこちら

 

「MyJチェック」に登録して9,000マイル相当のポイント獲得

 

ソラチカカードに新規入会して、JCBの「MyJチェック」というのに登録すると、9,000マイル相当のポイント(2,000ポイント)が手に入ります。

 

MyJチェックの登録は以下より行ってください。

>>MyJチェックの登録はこちら

 

 

一定の期間にカード利用で最大26,100マイル相当のポイント獲得

 

さらに、「MyJチェック」に登録した後に、このソラチカカードでショッピングをすると、12月31日までにカード利用額によって以下のボーナスポイントを獲得できます。

 

  • 1. 10万円以上の利用で2,250マイル相当のOki Dokiポイント(500ポイント)獲得
  • 2. 50万円以上の利用で9,000マイル相当のOki Dokiポイント(2,000ポイント)獲得
  • 3. 100万円以上の利用で26,100マイル相当のOki Dokiポイント(5,800ポイント)獲得

 

5月31日までという長い期間なので、100万円利用も十分いける金額だと思いますのでぜひチャレンジしてみてください。

 

 

通常の100万円利用で14,000マイル相当のポイント獲得

100万円を普通にカード決済すると、通常ポイントが手に入ります。

ポイント付与率は後ほど記載しますが、マイル換算率は1.4%となります。

よって14,000マイル手に入ります。

 

以上より、JCB主催のキャンペーンだけで、49,100マイル相当のポイントが手に入ることになります。

 

 

 

手順④ ANA主催のキャンペーンに参加する(最大37,400マイル獲得)

続いてANA主催のキャンペーンに参加します。

これを全てクリアすると、最大37,400マイル獲得できます。

 

キャンペーンの参加登録をする

 

第一にキャンペーンへの参加登録をします。

登録は以下のURLより行ってください。

https://www.ana.co.jp/asw/CampaignServletOS?id=2019121331&event=confirm&type=jp

 

 

ANA便に乗って5000マイル獲得

 

ANA便に乗るだけでマイルがもらえます。

ANA JCBプレミアムだと5,000マイル獲得できます。

 

 

カードの利用金額に応じて最大27,000マイル獲得

 

カードの利用金額に応じてマイルがもらえます。

期間中に100万円利用すると、なんと27,000マイル獲得できます。

 

期間は以下の通りです。

 

今は第3弾の期間なので7月31日までとなります。

かなりの期間があるので、100万円の利用達成は現実的だと思います。

 

新規入会者の方にはボーナスマイルをプレゼント

 

さらに新規入会の方だったら、ボーナスマイルとして最大1,800ポイント(8,100マイル)獲得できます。

ANA主催の獲得マイルを合計すると、37,400マイルとなります。

 

 

ANAボーナスマイルとJCB主催・ANA主催のキャンペーンで合計107,900マイル獲得できる!!

以上をおさらいすると・・・

 

  • ①ANAボーナスマイル(マイ友プログラム+通常ボーナスマイル)で15,500マイル
  • ②ポイントサイト経由での申し込みで5,900マイル相当のポイント
  • ③JCB主催のキャンペーン参加で最大49,100マイル相当のポイント
  • ④ANA主催のキャペーン参加で最大37,400マイル

 

よって合計107,900マイル(相当のポイント)を獲得できるわけです!

 

 

 

 

【補足1】入会時キャッシング枠(融資枠)設定し10万円以上カード利用して450マイル相当のポイント獲得キャンペーン実施中

ただいまキャンペーンで、入会したカードを融資枠設定し、10万円以上カード利用すると450マイル相当のポイント(100ポイント)獲得できるキャンペーンを実施中です。

キャッシングと聞くとあまりいいイメージを持っていない方が多いと思いますし、450マイル程度しか獲得できないので無理して登録する必要はありませんが、もともと登録予定だった方はぜひやってみてください。

450マイル獲得するためにはキャンペーン登録が必要ですので、以下のサイトから登録してみてください。(JCBのサイトです)

 

>>キャンペーン登録はこちら

 

 

【補足2】スマリボ登録しスマリボ利用15万円以上で4,500マイル相当のポイント獲得キャンペーン実施中

もう一つ補足ですが、入会したカードでスマリボ登録し、そのカードで15万円以上利用すると4,500マイル相当のポイント(1,000ポイント)獲得できます。

こちらもキャッシング枠設定と一緒で、無理にやる必要はありません。

もともとやろうと思っていた人のみ設定し、4,500マイル獲得してください。

 

スマリボってなに??という人、スマリボとはショッピング1回支払いが自動的にショッピングリボ払いになるサービスです。

自分の利用残高に応じて、毎月の支払い金額が決まるというもので、「ゆとりコース」と「標準コース」があります。

リボ払いなので手数料がかかります。よってリボ払いを検討している方のみの登録の方がいいと思います。

 

 

 

ポイントをマイルに交換する際の注意事項

公式サイトでは、10万円以上は1,500マイル相当、50万円以上は6,000マイル相当、100万円以上は17,400マイル相当と書かれています。

 

 

上記に書いたマイル数と異なるわけですが、これにはカラクリがあります。

公式サイトに書かれてあるマイル数は、獲得したOki DokiポイントをそのままANAマイルに交換する場合のマイル数となっています。

この場合の交換率は、1ポイント=3マイルです。

 

ところがOki Dokiポイントをメトロポイントに交換し、それをANAマイルに交換するという手順を踏むと、1ポイント=5メトロポイントに交換でき、メトロポイントは90%の交換率でANAマイルに交換できるので5メトロポイント=4.5ANAマイルに交換できます。

つまり、途中にメトロポイントを挟むだけで1ポイント=4.5ANAマイルに交換できるというわけです。

この方法を使えば、先ほど触れたようなマイル数を獲得できますので、これは是非活用して見てください!

 

 

 

 

ANA JCBカードプレミアムのメリット・デメリット

ANA JCBカードプレミアムはプレミアムカードだけあって年会費が非常に高いのですが、それに見合うメリットはあるのでしょうか?

また、年会費に見合わないデメリットはあるのでしょうか?

メリットデメリットを説明します。

 

 

 

ANA JCBカードプレミアムのメリット

ANA JCBカードプレミアム会員は以下のような高質な特典が供与されます。

 

1.国内線のANAラウンジが利用可能

ANAの上級会員の資格保有者や、プレミアムクラス搭乗者でないと入れないANAラウンジが利用できます。

快適な空間に加えてサービスが充実しており、搭乗までの時間をゆっくりとくつろげます。

 

2.プライオリティ・パスが無料発行

世界の143ヶ国・地域、500を超える都市にある1,200ヶ所以上の空港VIPラウンジを利用できるプライオリティ・パス(4万5千円相当)が無料で発行されます。フライト便や搭乗クラスに関係なく利用できます。

空港VIPラウンジにはドリンクや軽食の無料サービス、インターネット設備、シャワー室などがあり、搭乗前のひと時を快適に過ごせます。

 

3.コンシェルジュのサービス

専用のコンシェルジュが設けられており、24時間365日年中無休で対応してもらえます。コンシェルジュでは以下などのサービスが提供されます。

・航空券や乗車券、ミュージアムなどのチケットの手配

・ホテルやレストランの予約

・ギフトやプレゼントの購入

 

 

 

ANA JCBカードプレミアムのデメリット

ANA JCBカードプレミアムのデメリットとして1つあげられるのは、このカードはANA利用者しかメリットがありません。

それもそのはずです。ANAマイルを貯めるためにあるカードなのですから。

つまり、ANAマイルを貯めてない人はこのカードは合わないと言うことです。

それを考えてこのカードを持つかどうか検討してください。

 

 

 

 

 

ANA JCBカードプレミアムの基本情報

ANA JCBカードプレミアムの年会費、保険、ポイント付与などの基本情報を説明します。

その前にこのカードはプレミアカードなので、招待制でしか申し込めないと思っている人が多いと思います。

その点についても解説していきたいと思います。

 

 

 

申し込み方法

プラチナクラスのカードの多くは、カード会社からの「招待」がないとそのカードの利用者にはなれません。

「招待」とは、カード会社が独自に基準で選んだ人物に対して、より上位のカードの会員になるように「招待状」を出すことを言います。

その招待状がない限り、より上位カードの会員にはなれません。

カード会社から「招待状」を受け取るためには、そのカード会社の一般カードやゴールドカードの利用履歴を磨いてカード会社から招待を受ける以外に方法はありません。

プラチナカードやブラックカードと呼ばれるものの多くは、招待制を採用しており、そのカードの一般カードやゴールドカードの利用実績がない方が、より上位のカードの会員となることは不可能です。

 

しかし、ANA JCBカードプレミアムは招待制を採用していません。

厳しい審査をクリアする必要はありますが、申し込みだけでカード会員となることができます。クレジットカードの利用履歴は少ないが、どうしてもプラチナ級のカードが欲しい場合には、ANA JCBカードプレミアムに申し込めばよいでしょう。

 

 

 

年会費

本会員の年会費は75,600円で、家族カードの年会費は4,320円です。

支払方法や年間利用額などを条件とする年会費の割引制度はありません。

ETCカードは年会費無料で発行できます。

 

 

 

付帯保険

ANA JCBカードプレミアムは充実した保険が付帯されます。

 

1.海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険は自動付帯であり、カードを保有しているだけで保険が付帯されます。しかも、同行した家族にも保障が付きます。

・死亡、後遺障害:1億円

・傷害、疾病:1,000万円

・救援者費用:1,000万円

・賠償費用:1億円

・携行品損害:年100万円/1旅行100万円(自己負担3,000円)

 

2.国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険も自動付帯です(家族特約は無し)。国内旅行の場合は公共交通機関に乗車中の事故や、宿泊施設に滞在中の火災・爆発事故が補償対象です。

・傷害死亡、後遺障害:1億円

・入院保険金日額(180日限度):5,000円/日

・通院保険金日額(事故日から180日以内、90日限度):2,000円/日

・手術保険金(1事故に付き1回の手術):20万円

 

3.ショッピング保険

カードによる購入日から90日間、年間最高500万円まで、購入商品の損害が補償されます。

1事故に付き3,000円が自己負担になります。

購入店舗は国内外を問わず、支払いが1回払いでも補償対象です。

 

その他、航空便の遅延が原因で負担を強いられた費用が補償される航空便遅延保険や、航空会社が手荷物を紛失したことによる損害が補償される寄託手荷物紛失費用保険など、様々な保険が備わっています。

 

 

 

ポイントプログラム

JCBのOki Dokiポイントをマイルに交換する際には、少し複雑になります。

ポイントプログラムとともにその点も解説します。

 

1.ポイントの付与

カードの利用額1,000円に付き、JCBカードの通常ポイントの「Oki Dokiポイント」が1ポイント付与され(1ポイント:5円、還元率0.5%)、さらにボーナスポイントが1ポイント追加されます。

通常ポイントは1ポイント:10マイルのレートで交換でき、ボーナスポイントは1ポイント:3マイルのレートでの交換になります。

従って、1,000円に付き13マイルを貯められます(マイル付与率1.3%)。

なお、通常ポイントは1ポイントから交換可能ですが、ボーナスポイントは500ポイントからの交換となります。

ちなみにポイントの有効期間は5年で、マイルの有効期間が3年のため、合計すると有効期間が8年になりポイントの失効を気にする必要がありません。

 

2.ANAカード特約店でマイル付与率アップ

ANAカードの特約店である「ANAカードマイルプラス」を利用したり、対象商品を購入したりすると、ポイントとは別に利用金額100円または200円ごとに1マイルが付与されます。

 

3.ポイントの交換先

マイル以外に、Oki Dokiポイントの交換先には以下などがあります。

 

①共通ポイント

・nanacoポイント:200→1,000

・楽天スーパーポイント:200→800

・WAONポイント:200→800

・Tポイント:500→2,000

 

②金券・ギフトカード類

・JCBギフトカード:1,050→5,000円

・nanacoカード:550→2,000円

・ジェフグルメカード:650→2,000円

・Amazonパートナーポイント:1ポイント→3.5円

 

③コンビニの対象商品と交換

コンビニで販売されている対象商品と交換できます。

 

④キャッシュバック

1ポイント:3円のレートで、カード利用金額の支払いに充当できます。

 

 

 

JCBスターメンバーズ

ANA JCBカードプレミアムはJCBスターメンバーズが適用され、年間のショッピング利用金額が一定以上になると、翌年度のポイント還元率がアップします。

 

  • 年間利用額50万円以上:スターβ→10%のボーナスポイント
  • 100万円以上:スターα→20%のボーナスポイント
  • 300万円以上:ロイヤルα→25%のボーナスポイント

 

マイルとOkiDokiポイントの返還率は、通常獲得ポイントは1ポイント=10マイル、ボーナスポイントが1ポイント=3マイルとなっています。

従って、通常利用の場合のマイル換算率は1.3%となります。

 

これに、JCBスターメンバーズ特典によるポイントアップが使える場合には、換算率が最高で1.55%に上がります。

さらに、ANAカードマイル提携店を利用する場合、支払い分とは別に、マイルが貯まります。

通常は、100円の利用ごとに1マイルが付与されますが、ANA航空券、機内サービス、「ANAショッピングA-style」を利用する場合には、100円ごとに2マイルが付与されます。

 

ANA航空券などを購入する場合には、マイル換算率は最大で3.55%という非常に高い水準となり、この高い水準の換算率が、ANAカードマイルプレミアムの非常に大きな魅力となっています。

 

 

 

 

 

まとめ

ANA JCBカードプレミアムのお得な入会方法からメリット・デメリット、基本情報についてまとめました。

結果として本サイトの通りに入会すると、

マイ友プログラムに登録+ボーナスマイル 15,500マイル

ポイントサイトから申し込み 5,900マイル

JCB主催のキャンペーンに参加 49,100マイル

合計 70,500マイル

が手に入ることになります。

そのためには手順を踏むことが必要です。

まずはマイ友プログラムに登録をして、入会に進んでください。

 

 

 

 

 

ANA JCBカードプレミアムのメリットはやはりラウンジ利用とANAマイルの獲得が有利であることです。

逆に言うとそれを求めない人にとっては年会費が高いカードとなってしまうので、自分の利用シーンに合わせて入会を決めるべきだと思います。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルを誰でも貯める方法を一級建築士が伝授~マイルタメル.com~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ファミマTカードはポイントサイトと入会キャンペーンでお得に申し込み!カード利用で最大5倍ポイント還元特典も

  • ANAダイナースプレミアムカードはインビテーションあり!?気になる年会費は?

  • 楽天ゴールドカードはポイントサイト経由と入会キャンペーンが必須!メリット・デメリットや他カードとの比較も解説

  • 【2020年3月更新】ANAアメックスゴールドはポイントサイトではなく紹介とキャンペーンの参加で驚異の107,000マイル獲得

  • 【2020年3月更新】 ANAダイナースカードはポイントサイト経由で申し込み?最大102,000マイル獲得の入会キャンペーン中

  • SPGアメックスと ANAアメックスゴールドはどっちがいい?2枚のカードを比較してみた

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。